今日の晩ごはん

牛肉と根菜のごまきんぴら

調理時間
15分

牛肉が入ったボリューム満点のきんぴら

きんぴらと言えば副菜の定番。そこに牛肉を入れることで味も見た目もインパクトのある主菜に昇格。ごぼうとれんこん、二種の根菜のしゃきしゃき食感もたまらない一品。

材料 ( 2人分 )

  • 牛薄切り肉 …150g
  • ごぼう …1/2本
  • れんこん …100g
<A>
  • 醤油 …大さじ2
  • 酒 …大さじ1
  • 砂糖 …大さじ1
  • みりん …大さじ1
  • 赤唐辛子(輪切り) …1本分
  • 白すりごま …大さじ1
  • サラダ油 …大さじ1/2
  • ごま油 …小さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
牛肉は食べやすい大きさに切る。ごぼうはささがき、れんこんはよく洗って皮つきのまま半月切り(大きければいちょう切り)にして、それぞれさっと水にさらし、水気を切る。ボウルにAを混ぜ合わせる。
2 根菜を炒める
フライパンにサラダ油を強めの中火で熱し、1のれんこんを焼きつける。こんがり焼き色がついたら、ごぼうを加え、中火でしんなりするまで炒める。
3 牛肉を加える
牛肉を加え、肉の色が変わるまで炒める。
4 仕上げる
Aを加え、汁気がしっかりと具に絡むまで炒め合わせる。最後にごま油を回し入れ、白すりごまを加えてひと混ぜする。

Point

  • れんこんは皮をむかず丸ごと味わう

    れんこんの皮はむかずに調理。れんこんの白さをいかしたい時以外は、皮ごと食べて旨味を存分に味わう。

  • こんがり焼き色をつけて旨味up

    れんこんをフライパンに入れたらしばらく放置して片面に焼き色をつける。こんがり焼くことでおいしさが倍増する。

  • 甘辛いスタンダードな味わいに、白すりごまをプラス。特有の香ばしさがきんぴらに深みを与えてくれる。すりごまは味なじみがいいので、隠し味としても使えて便利。

副菜 memo

葉もの野菜のシンプルな小鉢料理

食べ応えのある根菜をたっぷり使っているので、葉もの野菜のおひたしや和え物など、あっさり味の小鉢料理を添えたい。水菜と豆腐で作る和風サラダとも相性バッチリ。味噌汁も必須!