今日の晩ごはん

トマトとパセリの冷製パスタ

調理時間
20分

トマトの魅力をまるごと堪能できるパスタ

夏野菜の代表であるトマトを使った冷製パスタ。美味しいトマトを使って、麺もソースもしっかり冷やしていただくのがポイント。好きな魚介をプラスすると旨みもアップ。

材料 ( 2人分 )

  • フルーツトマト …3~4個
  • パセリ …3~4枝
  • 玉ねぎ …1/4個
<A>
  • オリーブ油 …大さじ4
  • アンチョビ(みじん切り) …2枚
  • トマトジュース …80ml
  • ニンニク(すりおろし) …少々
  • レモン汁 …少々
  • カッペリーニ …140ml (ない場合はなるべく細めの麺を使う)
  • 塩、こしょう …各少々

作り方

1 野菜を切る
フルーツトマトはへたをとって1㎝角に、玉ねぎは粗みじん切りにする。パセリは粗く刻む。
2 パスタソースを作る
Aに1を入れてさっくりとあえ、冷蔵庫で10分程度置く
3 パスタをゆでて仕上げる
カッペリーニには表記通りの時間でゆで、氷水にさらして水気を切り、2に入れてあえ、塩、こしょうで調味し、皿に盛る。

Point

  • ソースは冷蔵庫で冷やす

    冷蔵庫に10分程度置いて、野菜と調味料をなじませる(時間がない場合はそのまま使ってもOK。3日程度冷蔵保存可能)。

  • トマトは少し値段がはるが、酸味が抑えめなフルーツトマトを使う。加熱しなくても甘みがはっきりと感じられるので、冷製パスタやサラダにぴったり。トマトジュースでより美味しいソースに。

副菜 memo

緑の野菜を副菜でとる

「栄養のバランスをとるために、主菜に赤の野菜を使った時は、副菜に緑の野菜を使う事が多いです」と太田さん。今回は塩、こしょうした刺身に、ベビーリーフとディルをたっぷりとのせたカルパッチョを。