今日の晩ごはん

春野菜と金目鯛の蒸し煮

調理時間
30分

野菜と魚の旨みがギュッと詰まった一品

素材の美味しさをストレートに楽しめる大きめに切った春野菜と、切り身を使って手軽に作る蓮沼さん流アクアパッツァ。手作りのハーブバターをのせて香り豊かに。

材料 ( 2人分 )

  • 金目鯛(切り身) …2切れ(約200g)
  • 芽キャベツ …4個
  • 新ジャガ …2個
  • 新玉ねぎ(またはペコロス) …1個(4個)
  • 新ニンジン(またはスイートキャロット) …1本(4本)
  • グリーンアスパラガス …4本
  • ブロッコリー …1/2個
  • スナップえんどう …4個
  • ニンニク …1片
  • レモン …1/2個
  • タイム、ディル …各2枝
  • 白ワイン …100cc
  • 塩、こしょう …各適量
  • オリーブ油 …大さじ2
[ハーブバター](作りやすい分量、今回は半量を使用)
  • バター …50g
  • タイム、ディル、イタリアンパセリ(みじん切り) …合わせて小さじ1
  • アンチョビ …4枚

作り方

1 ハーブバターを作る
室温に戻したバターをボウルでクリーム状にし、ハーブ類とアンチョビを加えて混ぜ合わせる。ラップにのせ、直径2cmくらいの棒状になるよう成形し、冷蔵庫で冷やし固める。
2 野菜の下ごしらえをする
芽キャベツは半分、玉ねぎは8等分、ニンジンは大きめの場合は乱切り、アスパラは下1/3の皮をむいて半分、スナップえんどうは半分、レモンは輪切りする。ブロッコリーは小房に分ける。ニンニクはつぶす。ジャガイモは4等分にして水にさらし、耐熱ボウルに入れて電子レンジ(600W)で4分加熱し、水気を切る。
3 魚の下ごしらえをする
金目鯛は切れ目を入れて塩少々(分量外)を振り10分ほどおき、出てきた水気をふく。
4 材料を蒸す
浅めの鍋にオリーブ油とニンニクを入れ香りが立つまで弱火で熱したら、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎを入れて焼き色が付くまでゆっくりと炒める。残りの野菜、金目鯛、レモン、タイム、ディルの順番に入れ、白ワインを加え、蓋をして10分ほど蒸す。
5 仕上げる
野菜が柔らかくなり金目鯛に火が通ったらハーブを取り除き、ハーブバターをのせて塩、こしょうで味をととのえる。

Point

  • ハーブバターで香りを楽しむ

    バターよりも香りが楽しめるハーブバターをのせる。冷凍庫で保存できるので、余裕のある時に作り置きしておきたい。

  • 材料を入れる順番を考える

    鍋の一番下には根菜類、その上に火が通りやすい野菜、最後に魚をのせる。そうすれば同時に仕上げることも可能だ。

  • 専用の蒸し器を使うなど少し面倒なイメージがある蒸し料理も、鍋やフライパンで代用し簡単に作る。野菜から水分が出るが、様子を見て焦げ付きそうなら水を足す。

副菜 memo

ボリューム満点なので副菜いらず

栄養もボリュームも満点なので、バケットを添えて。濃厚な味わいのスープに浸していただくのも美味しい。すりおろしたニンニクとバターを混ぜてパンにぬるガーリックトーストも合う。