今日の晩ごはん

しじみとナンプラーの冷汁ご飯

調理時間
15分(冷蔵庫で冷やす時間除く)

帰宅が遅い夜でもさらっと食べられる

昆布、鰹節、鶏ガラをブレンドさせたダシに、しじみを合わせたスープが主役。香菜やミョウガなどの薬味がアクセントになり、一口ごとに変わる味の違いを楽しめる。

材料 ( 2人分 )

  • しじみ(砂抜き済) …300g
  • ダシ …4カップ
  • 鷄ガラスープの素(顆粒) …小さじ1
  • ナンプラー …大さじ1
  • キュウリ …1/4本
  • 香菜 …1株
  • 万能ねぎ …2本
  • ミョウガ …2個
  • ご飯 …2膳分
  • 炒りごま(白) …大さじ1
  • 干しエビ …適量

作り方

1 しじみを加熱する
鍋にダシと、よく洗ったしじみを入れて、中火にかける。沸騰する寸前に弱火にする。
2 スープを作る
しじみの殻が開いてきたら、鷄ガラスープの素、ナンプラーで味を調えて、ボウルに移し、冷蔵庫で約2時間冷やす。
3 具材を切る
キュウリは薄い輪切りに、香菜は2cm幅に切る。ねぎは小口切りに、ミョウガは千切りにする。
4 仕上げる
器にご飯を盛り、冷やした2と、3、炒りごま、干しエビを盛りつける。

Point

  • しじみをこすり洗いする

    しじみは、砂抜き済みのものでも、水の張ったボウルでしっかりと表面をこすり洗いし、汚れや臭みを取る。

  • 昆布と鰹節でとった和風のダシに、鶏ガラスープの素を加えて旨味の足し算をする。動物系と、植物系のアミノ酸を掛け合わせると、味に深みが増し、ご飯との相性も高まる。

副菜 memo

豆腐で栄養面をカバー

冷たいご飯は、食欲がない日に頼りになる存在。ただ、魚や肉がない分タンパク質が不足しがちなので、同じくさらっと食べられる冷奴や、湯豆腐などを添えて。食べやすいだけではなく、栄養満点な献立に。