今日の晩ごはん

カキの味噌焼き飯

調理時間
30分

カキとこんがりと焼いた味噌の風味がベストマッチ

今が旬のカキをたっぷりと使ったひと品。こんがりと焼いた味噌の香りは食欲をそそること間違いなし。トッピングに添えた春菊と一緒にどうぞ。

材料 ( 2人分 )

  • ご飯 …400g
  • カキ …200g
  • サラダ油 …大匙1
  • ニンニク(みじん切り) …1片(5g)
  • ショウガ(みじん切り) …1片(6g)
  • 玉ねぎ(みじん切り) …10㎝(20g)
  • 春菊 …1/4束(4本)
  • シメジ …1/2pc
<A>
  • 酒 …大匙2
  • 味噌 …大匙2
  • 塩、こしょう …少々
  • 塩 …少々
  • ごま油 …小匙2

作り方

1 下ごしらえ
カキは塩水で振りあらいする。
2 春菊を切る
春菊は葉をはずし、葉の1/4を取り出し、食べやすい長さにカットし、ごま油と塩で和える。残りの春菊は細かくカットする。シメジは軸を落としてほぐす。
3 火を加える
鍋に油を入れて熱し、ニンニク、ショウガを加え、香りが出たらカキ、<A>を加え、中火で4~5分煮て、カキを取り出し、煮汁を少し煮詰める。
4 ご飯を合わせる
<3>の鍋にねぎ、<2>で細かくカットした春菊、シメジ、ご飯を入れて混ぜ合わせ、全体になじんだらカキを加え、すこし焦げ目をつけるように、焼きつける。仕上げに塩、こしょうをして味を調える
5 盛り付ける
器に<4>を盛り、<2>の春菊の葉のマリネをのせる。

Point

  • 水分がなくなるまで炒める

    調味料とカキを炒める時は、水分がなくなるまで火を入れる。しっかりと味が素材に染み込む。

  • 春菊の葉は、火を通さずに生のまま、塩とごま油でマリネしてアクセントに使うのがごはん同盟流。葉の部分だけ、トッピング用に残しておく。

副菜 memo

ラーパーツァイを合わせて

しっかりと味が染みたメインには、白菜、ニンジンの甘酢漬けに千切りショウガ、唐辛子、花椒をのせて、熱したごま油をかけていただくラーパーツァイを合わせると、異国風な晩ごはんになる。