今日の晩ごはん

カフェステーキ

調理時間
15分

手頃な赤身肉がリッチな味わいに

火を通しすぎないこと、溶けたバターをかけること、この2点を守れば自宅で手軽においしいステーキを楽しめます。1cm厚さ程度の肉なら、室温に戻さなくてOK。

材料 ( 1人分 )

  • 牛肉(ランプなどの赤身) …2枚(約1cm厚さ・200g)
  • 油 …適量
  • バター …大さじ1強
  • こしょう …適量
〈ソース〉
  • 粒マスタード …小さじ2
  • 牛乳 …大さじ2
  • レモン汁 …大さじ1
  • ほうれん草 …適宜

作り方

1 片面を焼く
フライパンを強火で熱して油を入れ、肉を焼く。フライパンの油が焦げないように、フライパンをゆすりながら焼き色を付ける(目安30〜40秒)。
2 バターをかけながら焼く
焼き色が付いたら、すぐに火からはずす。フライパンの空いているスペースにバターを加え、バターが溶けたらフライパンをゆすって肉にからませる。再度火に戻し(弱火)、泡立ちはじめた溶かしバターをスプーンですくい、肉に繰り返しまんべんなくかける(30~40秒)。こしょうを振ってから皿に盛る。
3 ソースを作る
3のフライパンに粒マスタード、牛乳を順に加えて弱火にかけ全体を混ぜ合わせる。レモン汁を加えて、ひと煮立ちしたら、肉の上にたっぷりとかける。好みでさっと炒めたほうれん草を加える。

Point

  • 肉にバターをかける

    肉を裏返したらバターを加え、溶けて泡立ってきたバターを何度も肉に回しかける。このひと手間で表面は香ばしく、中は軟らかく焼き上がる。

  • 肉を焼いたフライパンでソースを作る

    肉は焼いたらすぐに皿に盛り、同じフライパンに牛乳、マスタード、レモン汁を順に加えてソースを作る。クリーミーな味にマスタードと、レモンの酸味が光る味に。

副菜 memo

必ず食べたくなるフライドポテトを

ステーキの付け合わせといえば、フライドポテト。じゃがいもを食べやすい大きさに切ってカラっと揚げて。ステーキのソースをつけながら食べるとさらに美味しい。

❝this❞ is my life. INTERVIEW
WEDGWOODの「Gio」で料理がもっと楽しくなる! みないきぬこさんの料理教室
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ