今日の晩ごはん

エスニック親子丼

調理時間
25分

香り豊かな香菜で食欲増進!

食が細くなる夏場でもモリモリ食べられる、ナンプラーを使ったエスニック丼。トッピングの香菜は多めに用意し、その都度たっぷりトッピングしたい。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚
  • 玉ねぎ …1/2個
  • 香菜 …適量
  • 卵 …3個
  • ご飯 …丼2杯分
  • 酒 …大さじ2
  • ナンプラー …大さじ21/3
  • はちみつ …大さじ1
  • 塩 …ひとつまみ
  • 太白ごま油(サラダ油でもよい) …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は皮、余分な油を取り除き2cm角にカットし、酒、ナンプラー、はちみつで和え15分ほど漬けおきする。玉ねぎは大きめの粗みじん切り、香菜は茎の部分は粗みじん切り、葉は2cm幅のざく切りにする。卵は溶きほぐしておく。
2 炒める
熱したフライパンに油、玉ねぎ、塩を入れ中火で玉ねぎがしんなりするまで炒める。鶏肉を漬け汁ごと加え中まで火を通す。卵、香菜の茎の部分を入れヘラで混ぜ、卵が半熟くらいで火を止める。
3 盛り付ける
丼にご飯を盛り2をのせ、仕上げに香菜の葉の部分を飾る。

Point

  • 鶏肉の処理はしっかり

    鶏肉の皮や、皮と肉の間にあるぶよぶよと軟らかいかたまりの部分は臭みの原因になるので、丁寧に取り除く。

  • 香菜とナンプラーを入れることで、和風のイメージの親子丼がエスニック風に。香菜は傷みやすいのでなるべく早めに使い切る。香菜が苦手な人は三つ葉で代用できる。

副菜 memo

鶏肉を余すことなく使う

取り除いた鶏肉の皮は捨てずに、カリカリになるまでしっかりと焼く。味付けはシンプルに塩とこしょうで。食感が楽しめる一品は副菜としてはもちろん、お酒のつまみにも最適。