今日の晩ごはん

チキンと新ゴボウの
ハニーマスタード

仕上げのマスタードで大人味に

軟らかく、やさしい香りが特徴の新ゴボウに鶏肉の旨味を染み込ませて。はちみつを加えて煮ると照りが美しく出ます。仕上げのマスタードでほどよく酸味を立たせます。

材料 ( 4人分 )

  • 鶏モモ肉 …500g
  • 新ゴボウ(なければ普通のもの) …2本
A
  • 酒 …100ml
  • 醤油 …75ml
  • はちみつ …大さじ3
  • 粒マスタード …大さじ1
  • サラダ油 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は余計な脂を除き、ひと口大に切る。ゴボウはよく洗って皮付きのまま乱切りにする。
2 煮る
鍋に油を中火で熱し、鶏肉を焼く。全体に焼き色が付いたらゴボウを加える。全体に油が回ったらAを加えて約15~20分火が通るまで煮込む。
3 仕上げる
粒マスタードを加えて約1分煮込んだら出来上がり。

Point

  • 仕上げにマスタードを加える

    火を通しすぎると、マスタード独特の酸味が消えてしまうので、マスタードは最後に加える。さっとかき混ぜながら煮込み、全体にマスタードをいきわたらせる。

副菜 memo

あたたかい副菜を

醤油とはちみつで甘じょっぱく仕上げた主菜には、軽やかな副菜を合わせる。煮ている間にさっと作れるような湯豆腐など温かいおかずを添えるのが稲垣さん流。

❝this❞ is my life. INTERVIEW
WEDGWOODの「Gio」で料理がもっと楽しくなる! みないきぬこさんの料理教室
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ