今日の晩ごはん

ヤリイカのハーブグリル

調理時間
20分

おかずの一品にもワインのおともにも 

イカの中には、パセリとニンニクが香る手作りのハーブバターがたっぷり。おかずにはもちろん、おもてなしの前菜や、おつまみとしても活躍。思わずワインも進む味。

材料 ( 2人分 )

  • ヤリイカ(小) …6匹
  • 白ワイン …大さじ1
  • オリーブ油 …小さじ1
  • 塩、こしょう …各少々
  • レモン(お好みで) …1/8個
<ハーブバター>
  • 有塩バター …100g
  • パセリ(みじん切り) …小さじ1
  • ニンニク(すりおろし) …小さじ1

作り方

1 ハーブバターを作る
バターは常温に出して軟らかくしておき、パセリ、ニンニクを加え良く練り混ぜる。ラップに包んで、直径2cmくらいの棒状にして冷蔵庫で冷やす。
2 イカの下ごしらえ
ヤリイカはゲソと胴体をわけ、内臓、皮をきれいに取る。ゲソは2cm長さに切る。
3 イカに詰めものをする
イカの胴体に、ゲソ、5mm厚さに切ったハーブバターを詰めて、楊枝で留める。
4 野菜を切る
小松菜は4cmの長さに、つぼみ菜は半分に切る。
5 イカを焼く
<4>の野菜に塩、こしょうを振り、フライパンに油を入れて中火で熱し、<3>を並べ焼く。白ワインを加え蓋をして1分蒸し焼きにする。
6 仕上げる
楊枝を取って、食べやすく輪切りにし、お皿に野菜を森、イカをのせて、塩少々を振りかける。お好みでレモンを添えても。

Point

  • イカは楊枝でしっかり止める

    グリルしている時に、ゲソとハーブバターがこぼれてこないように、イカの端は楊枝でしっかりと留めておく。盛り付ける際に楊枝は抜く。

  • ハーブバターは作りおきしておくと、バゲットにのせたり、パスタのソースにしたりと、便利に使える。冷蔵庫で1週間?10日ほど保存できる。冷えると固まるので、使う分だけカットする。

副菜 memo

カブのポタージュが合う

スライス玉ねぎをバターで炒め、皮をむいて薄切りにしたカブを加えて炒め、昆布ダシをひたひたより少ないくらい加えて煮る。カブが軟らかくなったらミキサーで回し、昆布ダシでかたさを調え、塩で味つける。