今日の晩ごはん

ゴボウと牛肉のごちそうきんぴら

調理時間
15分

食べ応え十分! ボリューム満点きんぴら

肉や野菜をもりもり食べたい……そんな時におすすめのレシピ。甘辛仕立てのきんぴらは、多めに作って常備菜として活用するのも手。隠し味の酢でほどよい酸味をプラス。

材料 ( 2人分 )

  • ゴボウ(太め) …1/2本
  • 牛肉 …100g
  • ショウガ …1片
  • すりゴマ …適量
  • 米油 …大さじ1/2
<A>
  • 醤油 …大さじ11/2
  • 酒 …大さじ11/2
  • 黒酢 …大さじ11/2
  • きび砂糖 …大さじ1

作り方

1 下準備をする
ゴボウは長めの乱切りにし、水にさらしてアク抜きをする。牛肉は一口大にちぎり、酒、醤油(各小さじ1・分量外)で下味を付ける。ショウガは4切りにする。
2 炒める
鍋に油を熱して1の牛肉を炒め、色が変わったら水気をきったゴボウ、ショウガを加えて炒め合わせる。
3 仕上げる
2に<A>を加え、汁気がなくなるまで炒め煮し、器に盛る。仕上げにすりゴマをかける。

Point

  • 乱切りゴボウでボリュームアップ!

    副菜のイメージの強いきんぴらだが、ゴボウを乱切りにして食べ応えを出すと、主菜としても十分成り立つ。

  • 食欲が出ない時に活躍するのが酢。いつもの料理にひとかけするだけで、ほんのり酸味がつき、食欲も回復。とくに黒酢はまろやかな酸味なので、酢が苦手な人でも美味しく食べられて◎。

副菜 memo

ホウレン草のお浸しでビタミン補給

牛肉とゴボウでタンパク質や食物繊維は十分摂れるが、ビタミンが足りないので、緑色の野菜で栄養バランスを整えたい。王道だが、ホウレン草のお浸しがベスト! 緑をプラスすることで食卓も華やぐ。