今日の晩ごはん

梅シュウマイ

調理時間
40分

豚肉と魚介の旨味がたっぷり!

豚肉と魚介、それぞれの旨味をぎゅっと閉じ込めた、ジューシーで食べごたえのあるシュウマイ。梅ペーストとシソでさっぱり仕上げ、タレなしでもペロリといただけます。

材料 ( 2人分 )

  • 豚こま切れ肉 …200g
  • ホタテ貝柱 …4~5個(100g)
  • エビ …5~6尾(80g)
  • レンコン …100g
<A>
  • 梅ペースト(または練り梅) …大さじ1と1/2
  • シソ(みじん切り) …4~5枚
  • ニンニク(すりおろし) …少々
  • ショウガ(すりおろし) …6g
  • 卵白 …1個分
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 醤油 …小さじ1/2
  • シュウマイの皮 …1袋分
  • 大根(薄切り) …適量

作り方

1 下ごしらえ
豚肉は5mm角、ホタテは1cm角、エビは殻をむいて背ワタを取り、1cm角に切る。レンコンは半分をすりおろして軽く水気を絞り、半分は7mm角に切る。
2 タネを作り、包む
ボウルに1と<A>の材料をすべて入れる。粘りが出るまでしっかりこねたら、シュウマイの皮で包む。
3 シュウマイを蒸す
蒸籠の上に大根を敷き、2のシュウマイを並べる。沸騰した湯の上に蒸籠をのせて、12分ほど蒸す。※蒸籠の上に敷いた大根も一緒にいただく。

Point

  • 両脇を押さえればOK

    家庭料理なので、1つずつきれいに包まなくても、両脇から軽く抑えるだけで十分。簡単に作れる手軽さが◎。

  • 蒸した野菜も美味しい

    蒸籠には大根の薄切りのほか、葉物野菜を敷いても良い。そのままでも、軽く塩をしても美味しくいただける。

  • 豚挽肉ではなく、豚こま切れ肉を粗く刻んで使うのが塩山さん流。豚挽肉より歯ごたえがあり、ジューシーで豚肉本来の味が楽しめる。肉の塊を縦5mm幅に切ってから、横5mm幅に切ればOK。

副菜 memo

ごま油風味のスープを

素材の味を生かし、梅で調味したシンプルなシュウマイなので、副菜には少々風味をつけて。コクがあり、香りも豊かなごま油を垂らした春雨スープがおすすめ。シュウマイに使ったエビの殻でダシを取っても美味しい。