今日の晩ごはん

麻婆ごま春雨

調理時間
25分

ピリっとした辛みが食欲をそそります

香り野菜の風味を、春雨にたっぷりと吸わせて風味よく仕上げるのがコツ。仕上げにごまをたっぷり振って、コクを出します。ご飯にのせて食べても美味しい。

材料 ( 4人分 )

  • 豚挽肉 …250g
  • 春雨 …80g
  • 長ねぎ …1/2本
  • ニンニク、ショウガ …各1片(ともにみじん切り)
  • ごま油 …大さじ1
  • 豆板醤 …小さじ2
A
  • 酒 …50ml
  • 鶏ガラスープ …200ml(市販の鶏ガラスープの素を湯で溶いたもの)
B
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • 甜麺醤 …大さじ3
  • 塩、こしょう …各少々
  • すりごま …大さじ3
  • 万能ねぎ(小口切り) …3本分
  • ラー油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
春雨は水で戻し、水気をきる。長ねぎはみじん切りにする。
2 炒める
深めのフライパンにごま油、ニンニク、ショウガを入れて弱火にかけ、香りが立ってきたら長ねぎ、豆板醤を加えてねぎがしんなりするまで炒める。挽肉を加え、肉の色が変わったらAを加える。
3 煮る
2がひと煮立ちしたら、1の春雨、Bを加えて弱めの中火で約5分煮る。
4 仕上げる
3に水溶き片栗粉大さじ1/2(分量外)を加えてとろみをつけ、すりごま、万能ねぎを散らし、ラー油をかけてさっと混ぜ、器に盛る。

Point

  • カット春雨を使う

    食べやすい大きさにカットされている春雨を使うと、扱いやすく、水で戻すのも楽。水を張ったボウルに入れて袋の表示どおりに戻し、水気をきってから調理する。

副菜 memo

味わいの異なるもの添えて

パンチのある味付けの主菜には、キュウリと塩昆布を和えた軽やかなおかずや、ほっとする味わいのかきたま汁など、味の方向性の異なるものを合わせて主菜の味を引き立てる。

手島渚さんの「腸から身体をととのえる」女性の不調を改善するセルフ腸もみ講座 募集開始 『Hydro Flask』×Kurashi   仕込んだ具材を入れるだけ!簡嘽・便利なフードジャー 料理教室 2018年11月17日(土) 基本から応用まで!今が旬の鮭レシピ