今日の晩ごはん

鶏肉とセリ、そばの鍋

調理時間
30分

セリのほろ苦さが主役

セリの独特の風味が加わると、定番のそばが新鮮な味わいに。鶏肉は皮目をパリっと焼いて、香ばしく仕上げて。食材の持つ魅力を引き立てます。

材料 ( 4人分 )

  • そば(乾麺) …250g
  • 鶏モモ肉 …2枚
  • セリ …2束(200g)
  • 長ねぎ …1本
<つゆ>
  • ダシ …1000ml
  • 醤油 …50ml
  • みりん …大さじ2
  • 酒 …大さじ1
  • 塩 …小さじ2/3~3/4
  • ゆずの皮、七味唐辛子 …各適宜
  • サラダ油 …適量

作り方

1 鶏肉を焼く
鶏肉は余分な脂を取り除く。フライパンにサラダ油を薄くしき(フッ素樹脂加工のフライパンの場合は、油は不要)強火にかける。フライパンが熱くなったら皮目を下にして入れ、焼き色がついたら取り出す(片面だけ焼く)。粗熱が取れたら、一口大のそぎ切りにする。
2 野菜を切る
セリは根をほぐしてきれいに洗い、根ごと5㎝長さに切る。長ねぎは斜め薄切りにする。
3 そばをゆでる
そばは袋の表示時間より短く、少しかためにゆでて、水にとって洗い水気をきる。
4 煮る
鍋にダシを入れて、つゆの調味料をすべて加える。煮立ってきたら①の鶏肉を加え、色が変わったら2、3を加えて、汁ごと盛り分けながらいただく。好みで細切りにしたゆずの皮や七味唐辛子を添える。

Point

  • セリは根もいただく

    寒くなってくると根が付いたままのセリがスーパーでも出回るように。香りが強く、栄養価も高いセリの根は旬にしか味わえないごちそう。切り落とさず、そのまま使って。

副菜 memo

酢のものでさっぱりと

そばには、キリっと酸味をきかせた酢のものを。大根おろしと甘酢を混ぜたみぞれ酢など、副菜にも旬の食材を使って季節感のある献立に。

手島渚さんの「腸から身体をととのえる」女性の不調を改善するセルフ腸もみ講座 募集開始 料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 基本から応用まで!今が旬の鮭レシピ