今日の晩ごはん

柚子こしょう鶏団子と根菜のあったかお鍋

調理時間
20分

つくねの旨味が溶け出した汁が絶品

具材を大きめにして、ダイナミックに。豆腐でふわふわに仕上げた鶏団子は何個でも食べたくなる美味しさ。最後にカボスを搾ってさっぱりと、食べやすく。

材料 ( 2人分 )

<A>
  • 鶏挽肉 …300g
  • レンコン …20g
  • 木綿豆腐 …1/2丁
  • 卵 …1個
  • 柚子こしょう …大さじ1/2
  • 塩・こしょう …各少々
  • ゴボウ …1/2本
  • ニンジン …1/2本
  • 大根 …1/6本
  • せり(または根三つ葉) …1/2把
  • 青ねぎ …5本
<B>
  • 水 …1ℓ
  • ダシ昆布 …1枚
  • 醤油 …大さじ2
  • 酒 …大さじ2
  • 塩 …少々
  • かぼす(すだちでも可) …適宜

作り方

1 鶏団子を作る
レンコンはよく洗い酢水(分量外)につけてから皮ごとみじん切りにする。豆腐は1時間程度水切りをしておく。これらをボウルに他のAの材料と混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を調えて、食べやすい大きさに丸める。
2 野菜を切る
ゴボウはささがきにして酢水(分量外)につけてアクを取る。ニンジン、大根はピーラーで薄切りにする。せり、青ねぎは食べやすい大きさに切る。
3 仕上げる
鍋にBの材料を入れ火にかけ、1を入れていく。団子に火が入ってきたら、ゴボウを加えて一煮立ちさせ、仕上げにニンジン、大根、せり、青ねぎを加えてさらに一煮立ちさせる。お好みでかぼすを搾っていただく。

Point

  • 団子は手のひらで包み込みふわっと優しく握る

    手に少量の油を塗り、手のひらで包み込むように優しく握る。写真のようなサイズにすると食べやすい。

  • 食感を楽しむため、ニンジンと大根はピーラーで薄切りにして最後に加える。幅広に切ることで食べ応えも抜群。ひらひらとしたリボンのような見た目も新鮮。

副菜 memo

うどんを投入して、最後まで美味しく味わう

ある程度食べ進めたら、うどんをプラスして具沢山の煮込みうどんに。鶏団子を崩して食べると、汁まで柚子こしょうのピリっとした辛みがいきわたり、美味しい。