今日の晩ごはん

焼餃子

調理時間
30分

ジューシーで爽やかな美味しさ!

口の中で肉汁が広がり、お箸が止まらなくなる美味しさ! 野菜もたっぷりで、夏はナスや大葉を使って爽やかに。ニンニクは入れないので平日でもたっぷり食べられる。

材料 ( 大判20個分 )

  • 豚挽肉 …200g
<A>
  • 醤油 …大さじ1
  • オイスターソース …小さじ1
  • 砂糖 …小さじ1弱
  • ごま油 …大さじ1
  • おろしショウガ …小さじ1
  • ナス …2本(150g)
  • 玉ねぎ …1/4コ
  • 塩 …小さじ1/4
  • 大葉 …10枚
  • 餃子の皮(大判、市販のもの) …20枚
  • 植物油 …大さじ1
<B>[自家製ラー油]
  • サラダ油、ごま油 …各大さじ2
  • 長ねぎの青い部分 …適量
  • ショウガの皮 …適量
  • つぶしたニンニク …1/2個
  • 七味唐辛子 …大さじ1

作り方

1 肉の下ごしらえ
豚挽肉にAを加え、よく混ぜる。
2 野菜の下ごしらえ
ナスと玉ねぎは細かいみじん切りにする(フードプロセッッサーを使ってもよい)。塩をふり10分程おいてから水気をよく絞る。絞り汁の半量は後で使うのでとっておく。
3 具材を合わせる
1に2の絞り汁を少しずつ加えながら、白っぽくねっとりとするまでよく混ぜる。絞った後のナスと玉ねぎ、細かく切った大葉を加えて混ぜる。
4 具材を包む
餃子の皮を濡らし、3をのせて片側だけヒダをとりながら包み、乾いた所に置く。
5 焼く
フライパンを熱して油を入れ、餃子を並べる。底をこんがりと色付くまで焼き、熱湯を餃子の1/3程度まで入れる。蓋をして、強火で5分蒸し焼きにする。水気がなくなったら蓋を取り、底をカリッと焼く。
6 盛り付ける
フライパンに皿をかぶせ、ひっくり返して盛り付ける。
7 自家製ラー油を作る
Bを鍋に入れ、中火でニンニクが色付くまで油に香りを移し、耐熱の小鉢に入れた七味唐辛子に一気に加える。

Point

  • 野菜の絞り汁でジューシーに!

    野菜の絞り汁は捨てずに肉に加えてよく練る。肉と汁が分離せず、肉汁をたっぷり含んだ肉団子になる。

  • 焼き色が付いてから水を注ぐ

    餃子を焼く時は、皮にしっかりと焼き色が付いてから水を加える。焼き上がった時にきれいな焼き色に。

  • 近藤家では、餃子を自家製ラー油で楽しむ。香味野菜を入れて熱した油を七味唐辛子にかけるだけなので、辛さより旨味が際立つ味わいに。一度食べたら欠かせない存在になりそう!

副菜 memo

中華風ピクルスでさっぱりと

セロリとパイナップルなどを使った中華風のピクルスなどがおすすめ。肉も野菜もたっぷりで栄養満点の餃子なので、副菜はさっぱりとした味わいのものを合わせるとよい。