今日の晩ごはん

ポルトガル風タコごはん

調理時間
30分

じっくり火を通してタコの旨味を引き出す

タコと玉ねぎのシンプルなごはん。食材の持つ魅力を引き出すために弱火で炒めてから米を加えます。押し麦のプチっとした食感がアクセントに。

材料 ( 4人分 )

  • 米 …1合
  • 押し麦 …1合
  • 茹でタコ …300g
  • 玉ねぎ …1個
  • ニンニク(みじん切り) …2片分
  • オリーブ油 …大さじ2
  • 水 …500ml
  • ローリエ …2枚
  • 塩 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
米は洗ってザルにあげておく。タコは小さめのひと口大に切る。玉ねぎはみじん切りにする。
2 炒める
鍋にオリーブ油、玉ねぎ、ニンニクを入れて弱めの中火で炒める。玉ねぎが透き通ってしんなりとしてきたらタコを加えてさっと炒める。蓋をしてごく弱火で4~5分加熱し、タコから水分が出てきたら米、押し麦を加えて軽く炒める。
3 炊く
水、ローリエ、塩を加えて蓋をして強めの中火で3〜4分加熱し、ひと煮立ちしたら弱火にしてさらに10〜12分煮る(途中焦げ付かないように何度か混ぜる)。火を止め、5分蒸らす。

Point

  • 米を加える

    タコから水分(ダシ)が出てきたら米、押し麦を加えるタイミング。このタコから出た旨味をしっかり米に吸わせてから水を加えて炊く。

副菜 memo

ポルトガル料理の定番スープを

タコごはんには、ケールやマッシュポテトをベースにした「カルドベルデ」というスープを添えるのが定番。本場の雰囲気が楽しめる献立に。

おいしいからカラダもよろこぶ、旬のアスパラレシピ