今日の晩ごはん

春野菜と豆のシチュー

調理時間
40分

豆を煮くずして作る、南インドの家庭料理

現地の人に教わったという、南インドの「おふくろの味」。豆がポタージュのようにとろっと煮くずれるまで煮るのがポイント。仕上げに加えるスパイスがアクセントに。

材料 ( 2〜3人分 )

  • ムング豆(またはレンズ豆) …1カップ
  • ニンジン …1/2本
  • ジャガイモ …1個
  • インゲン …6本
A
  • 水 …900ml
  • ターメリック …少々
  • サラダ油 …少々
  • ココナッツミルク …150ml
  • 塩 …小さじ2
B
  • マスタードシード、クミンシード …各小さじ1
  • 鷹の爪 …1本
  • 玉ねぎ(薄切り) …1/3個分
  • サラダ油 …大さじ3

作り方

1 下ごしらえをする
ムング豆はさっと水で洗っておく。ニンジン、ジャガイモは皮をむいて1cm角に切る。インゲンは筋を取り、1cmの長さに切る。
2 煮る
鍋に1のムング豆、Aを入れて煮る(途中アクが出てきたら取り除く)。約10分経ったら、ニンジン、ジャガイモ、インゲンを加えてさらに10~15分煮る。豆が煮くずれてきたら、ココナッツミルク、塩を加える。
3 仕上げる
小さめのフライパンに油を熱し、Bを入れる。パチパチと音がして香りが立ってきたら、玉ねぎを加える。玉ねぎがしんなりしてきたら2に回しかけて、出来上がり。

Point

  • ムング豆やレンズ豆を使う

    春雨や豆もやしの原料となるムング豆(緑豆)のひきわりタイプを使う。インドではよく使われる豆の一つ。もし手に入らない場合はレンズ豆でも同様に作れる。

  • 仕上げ用オイルを作る

    熱したフライパンにマスタードシードやクミンを入れて、香りづけ用のオイルを作る。やさしい味わいのシチューと、ピリ辛オイルのコントラストが絶妙。

副菜 memo

ヨーグルトのサラダを

インドではカレーにヨーグルトを使ったサラダを合わせるのが一般的。口尾さんは千切りにしたニンジンにヨーグルト、レモンを和えたサラダをよく作るそう。

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ