今日の晩ごはん

豚肉とカボチャのカレークローブ煮

調理時間
20分

カボチャの甘みとスパイスのハーモニーが絶妙

いつものカレー粉にクローブをプラスするだけで、豚肉とカボチャの煮物が、また違った味わいに変身! 味を染み込ませるため、煮る前に肉を揚げるのもポイント。

材料 ( 2人分 )

  • 豚肩ロースブロック(またはとんかつ用肉) …200g
  • カボチャ …300g
<A>
  • 酒 …小さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • 薄力粉 …大さじ1~2
  • 菜種油 …適量
<B>
  • 水 …100ml
  • 酒 …大さじ3
  • ケチャップ …大さじ1
  • カレー粉 …小さじ1
  • ドライクローブ …小さじ1/4

作り方

1 下ごしらえ
豚肉を一口大に切り、Aを揉み込む。カボチャは皮の硬い部分を取り、豚肉よりやや大きく切る。
2 豚肉を揚げる
1の豚肉に薄力粉をまぶし、熱した菜種油で揚げる。(時間がない場合は薄力粉をつけて焼くだけでも可)
3 煮る
2とは別の鍋にカボチャとBを加え、蓋をして15~20分煮る。

Point

  • 豚肉にうすく薄力粉をつけて揚げる

    煮る前にうすく薄力粉をまぶした豚肉を揚げる。このあと煮るので揚げ時間は衣がカラっとする程度でOK。

  • 肉料理と相性抜群のスパイス、クローブをカレー粉と混ぜて使用。少し加えるだけで風味が豊かになり、食もすすむ。焼きりんごやチャイに使うのもおすすめ。

副菜 memo

白バルサミコ酢で味付けしたキャロットラペ

パンチの効いた味の主菜には、シンプルな味付けのキャロットラペを。フルーティーな白バルサミコ酢で味付けするのが田内さん流。レンズ豆をトッピングすれば栄養もバッチリ。