今日の晩ごはん

鶏だんごのすきやき黄身とろろ添え

調理時間
30分

すきやきをデイリーなメニューに

すきやきをより身近に感じられるよう、鶏だんごでアレンジ。とろろをしっかりとからませていただきます。鶏だんごは卵白を加えてふわふわのやさしい口当たりに仕上げます。

材料 ( 4人分 )

  • 鶏挽肉 …400g
A
  • 卵白 …2個分
  • 酒 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/3
  • ショウガ(すりおろし) …1片分
  • 長ねぎ(みじん切り) …10㎝分
  • 片栗粉 …小さじ4
  • 白菜  …300g
  • しいたけ …6枚 
  • 春菊 …1束
<黄身とろろ>
  • 卵黄 …2個分
  • 長芋 …200g 
<割り下>
  • ダシ …300ml
  • 醤油、酒、砂糖 …各大さじ5

作り方

1 鶏だんごを作る
鶏挽肉にAを加えて粘りがでるまでこねる。
2 野菜を切る
白菜は軸と葉に切り分けて軸は一口大のそぎ切りにし、葉はざく切りにする。しいたけは石づきを切り落として半分にそぎ切りにする。春菊は食べやすい長さに切る。
3 黄身とろろを用意する
長芋は皮をむいてしばらく酢水適量(分量外)につける。水気をきってすりおろし、卵黄を加えて混ぜる。
4 割り下を用意する
ボウルに割り下の材料を入れ砂糖が溶けるまで混ぜる。
5 仕上げる
鍋に4を深さ3~4㎝まで注ぎ、火にかける。煮立ったら白菜の軸を先に入れる。空いているところに1をスプーンで一口大ずつ入れて表面の色が変わったらしいたけ、残りの白菜を加える。蓋をして約2分煮たら春菊を加えて3をつけながら食べる。残った割り下は少なくなったら足しながら使う。

Point

  • 卵にとろろをプラス

    すき焼きは溶き卵にくぐらせて食べることが多いが、今回はすりおろしたとろろを加えて栄養バランスの良いほっとする味に。甘じょっぱい割り下と相性抜群。

  • スプーンですくって加える

    鶏だんごはスプーンですくって一口大に成形してから、煮立っている鍋に加える。鍋の温度が低いと鶏団子が煮くずれやすくなるので注意。

副菜 memo

〆としてうどんを

甘じょっぱいすき焼きのつゆには太麺のうどんがよく合う。しっかりと煮込むのが美味。箸休めとして浅漬けを添えても。

手島渚さんの「腸から身体をととのえる」女性の不調を改善するセルフ腸もみ講座 募集開始 料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 基本から応用まで!今が旬の鮭レシピ