今日の晩ごはん

鶏の唐揚げ 香味醤油がけ

調理時間
25分

サクサク食感のクリスピーチキン風

ほのかな甘さを残しながらも、しっかりと味を引き締めてくれるのが、山本さん特製の香味醤油ダレ。食欲が増進する。

材料 ( 4人分 )

  • 鶏もも肉 …2枚
<タレ>
  • 長ねぎ(みじん切り) …200g
  • ニンニク(みじん切り) …100g
  • ショウガ(みじん切り) …100g
  • 醤油 …350ml
  • 酒 …210ml
  • 砂糖 …175g
  • サラダ油 …120ml
  • 揚げ油 …適量
  • 片栗粉 …適量

作り方

1 下ごしらえ
鶏肉は皮を取り除き、繊維に沿って1㎝幅に切る。酒、醤油各大さじ1(分量外)にさっと漬けて下味をつける。
2 タレを作る
タレの材料をすべて混ぜ合わせる。
3 揚げる
1に片栗粉をまぶし、200℃に熱した揚げ油でカラっと揚げる。
4 仕上げる
2を適量取り、フライパンで熱し、3の揚げた肉に絡める。

Point

  • 肉は縦長に切る

    肉を縦長に切ると、いつもの一口大の唐揚げと雰囲気が変わり、骨つき肉のように豪華に見える。

  • ニンニクとショウガが利いた特製香味醤油ダレは、魚のソテーや、揚げた野菜など、どんな食材にでも合うので大量に作っておくと良い。冷蔵で1ヵ月ほどもつので、常備しておくと便利。

副菜 memo

副菜で季節感を出して

夏野菜のキュウリと水ナスのサラダを添えて、食卓に季節感を演出。主菜には醤油や酒を使っているので、サラダはフレンチドレッシングをかけて味にバリエーションを出すと、献立に幅が広がる。