今日の晩ごはん

治部煮蕎麦

調理時間
30分

心とお腹を満たす郷土料理

金沢の郷土料理・治部煮は、根菜の味わいをじっくり堪能できる滋味深い一品。旨味たっぷりのダシ汁に、心もお腹もホッと和む。蕎麦を加えれば、これだけで満腹に。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏胸肉 …1/2枚(80g)
  • ニンジン …1/3本(正味50g)
  • 干しシイタケ …3枚
  • レンコン …50g
  • ゴボウ …1/4本(30g)
  • 卵 …2個
  • ダシ汁 …4カップ
<A>
  • 醤油 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 片栗粉 …適宜
  • 塩 …少々
  • 酒 …大さじ1/2
  • 三つ葉 …適宜
  • 蕎麦 …2束

作り方

1 下ごしらえ
鶏肉は一口大のそぎ切りにし、塩、酒で下味をつけ片栗粉をまぶす。ニンジンとレンコンは5mm厚さの半月切り、干しシイタケは水で戻して石づきを取り薄切りに、ゴボウはささがきにする。
2 煮る
鍋にダシ汁、ニンジン、レンコン、シイタケ、ゴボウを入れ火にかけ、沸騰したら中火で10分アクをとりながら煮る。鶏肉を加え、肉の色が変わったら弱火にし、<A>を加えて5分煮る。
3 蕎麦を用意する
蕎麦は規定の時間1分前にザルにあげたものを流水で締め、2に加える。中火にし、溶き卵を細く流し入れる。
4 仕上げ
器に盛り、三つ葉を散らす。

Point

  • 胸肉は片栗粉をつけて固くなるのを防ぐ

    胸肉は加熱しすぎるとパサパサしてしまうが、片栗粉をつけてから調理すると固くならずしっとり軟らかに。

  • 治部煮の煮汁は旨味がたっぷり。「せっかく作るのだから」と、落合さんはあえて多めに作り、翌日以降、麺のスープにしたり、おじやにしたりと、別料理でも活用する。

副菜 memo

素朴な副菜でとことん和を堪能

治部煮に入っている根菜があっさりしているので、里芋を使ったこっくりとした味わいの副菜を添えたい。ゆでた里芋を、味噌、ごま、砂糖、醤油で和えた「里芋のともあえ」などが、おすすめ。