今日の晩ごはん

鮭と冬野菜の粕汁

調理時間
20分

心も身体も温まる、冬にぴったりのごはん

香りだけでも温まりそうな粕汁は、たっぷりの冬野菜が入って食べ応えも十分。白味噌と酒粕の優しい味わいが心も身体もぽかぽかにしてくれる。

材料 ( 2人分 )

  • 塩鮭(中辛、切り身) …1切れ
  • 大根 …1/8本
  • ニンジン …1/2本
  • サツマイモ …1/2本
  • ハクサイ …1/8個
  • 春菊 …1/2束(葉のみを使用)
  • ショウガ …1かけ(すりおろす)
  • 醤油 …小さじ1
  • 酒粕 …大さじ2
  • 白味噌 …大さじ2
  • 塩 …少々

作り方

1 下ごしらえ
鮭は骨を取り、一口大に切る。大根はいちょう切りに、ニンジンは半分に切ったのち斜め薄切りに、ハクサイは千切りに、サツマイモは半分に切ったのち乱切りに、春菊は茎から葉をちぎり取る。
2 具材を煮る
鍋に水(分量外)2.5カップと大根、ニンジン、サツマイモを入れ火にかける。しばらく煮て大根がすき通ったら、鮭、ハクサイを加える。
3 調味する
鮭の色が変わったらショウガ、醤油を加え、酒粕、白味噌を溶き入れる。味を見て、塩を加える(鮭の塩分により加減する。)
4 仕上げる
火を止め、春菊を加えひと混ぜして、器に盛る。

Point

  • 春菊の葉を最後に加え香り付けに

    香り付けとして使うため、春菊は葉をちぎって最後に加える。残った茎はみじん切りにして加えたり、冷凍しておくと便利。

  • 良原家では、その日ある野菜をたっぷり使って作る。冷蔵庫の余り野菜を使うことも多く、使い切りレシピとしても重宝しているのだそう。

副菜 memo

あっさりとした副菜を添えて

レンコンのきんぴらやカブの漬け物など、あっさりとした味わいの副菜を箸休めとして添えるとバランスがとれる。メインが具だくさんで栄養も摂れるので少しでもOK。