今日の晩ごはん

鶏手羽とじゃがいものオーブン焼き

調理時間
40分

美味しさはすべてオーブンにおまかせ

鶏肉はパリッとジューシー、じゃがいもはほくほくに。いろんな食感を一度に楽しめるオーブン料理。ローズマリーの独特の香りで表情豊かなおかずに。

材料 ( 4人分 )

  • 鶏手羽 …8本
  • ジャガイモ …2個
  • ニンニク(薄切り) …1片分
  • 塩 …小さじ1/2
  • 酒 …大さじ1
  • ローズマリー …1枝
  • 粗びきこしょう …少々
  • オリーブ油 …大さじ1~2

作り方

1 肉に下味をつける
鶏手羽の中央に切り込みを1本入れる。塩と酒をもみ込み5分ほど置いたら、水気を軽くふく。
2 じゃがいもを切る
じゃがいもは皮ごと洗って8等分に切る。
3 焼く
耐熱皿に1、2を並べ、ニンニク、ローズマリーを散らし、粗びきこしょう、油を回しかけて180度のオーブンで鶏肉に焼き色がつくまで25~30分焼く。

Point

  • 手羽先に切り込みを入れる

    手羽先の骨の部分に、切り込みを入れる。火が通りやすくなるうえ、味が染み込みやすい。さらに、塩と一緒に酒をもみこむと、柔らかくジューシーに焼き上がる。

  • じゃがいもは皮をむかないまま調理する。「皮の部分に栄養があるので、野菜の皮はむかずに使います。特にじゃがいもは皮つきのまま焼くと香ばしく仕上がるので美味しくなります」

副菜 memo

あまったじゃがいもで
もうひと品

副菜も安価で手に入りやすいじゃがいもを使ったものを。ゆでたじゃがいもとブロッコリーを牛乳で溶いたポタージュを添えて洋風の献立に。同じ食材でも調理法をガラリと変えれば食べ飽きない。