今日の晩ごはん

アサリの焼きそば

調理時間
15分

アサリの旨味が主役

味付けはシンプルに塩、こしょうのみで作るあっさりとした焼きそば。豆苗の豊かな香りが味に奥行きを出してくれます。麺は先にから煎りしておくのがコツ。

材料 ( 10人分 )

  • 中華蒸し麺 …2玉
  • アサリ(砂抜き済みのもの) …200g
  • 豆苗 …1/2パック
  • シメジ …100g
  • ショウガ(薄切り) …3枚
  • ごま油、酒 …各大さじ1
  • 塩、こしょう …適量

作り方

1 下ごしらえをする
豆苗は根元を切り落として長さ半分に切り、シメジは石突きを切り落として手でほぐす。ショウガはせん切りにする。
2 麺をから炒りする
フライパンを熱して麺をほぐしながら加え、から炒りして1度取り出す。
3 アサリを炒める
フライパンにごま油、ショウガを入れて弱火にかけて香りがたってきたら中火にし、アサリを加えてざっと炒める。油が回ったら酒を振って蓋をし、アサリの口が開いたら1度取り出す。
4 仕上げる
3のフライパンにシメジ、豆苗を順に加えて炒め、全体がしんなりしてきたら2の麺を加え、手早く炒める。塩、こしょうで味をととのえて3のアサリを戻し入れる。ひと混ぜしたら皿に盛る。

Point

  • 麺をから炒りする

    先に麺をほぐしながらから炒りしておくことで炒めやすくなるうえ、味が染み込みやすくなる。また、麺がべちゃっとするのを防げる。

  • アサリは一度取り出す

    アサリは加熱しすぎると硬くなってしまうので、口が開いたら一度取り出す。アサリから出た旨味を他の具材や麺に染み込ませてから戻し入れる。

副菜 memo

具だくさんスープを

アサリの旨味を主役にしたあっさりとした焼きそばには、根菜、豆などを加えたスープを添えて。手軽に作れる上、満足度の高い献立に。

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ