今日の晩ごはん

カリカリじゃこ茶漬け

調理時間
15分

“しょっぱ旨い”じゃこの美味しさ全開!

カリカリに炒めたじゃこが主役の“のっけごはん”は、見た目も味も日本人ならたまらないはず。ミズナや豆腐など、異なる食感とのコラボレーションも楽しんで。

材料 ( 2人分 )

  • ちりめんじゃこ …1パック(40g)
  • ミズナ …30g
  • 大葉 …5枚
  • ミョウガ …1個
  • ショウガ(みじん切り) …小さじ1/2
  • 赤唐辛子(小口切り) …少々
  • サラダ油 …大さじ1
  • 木綿豆腐 …200g
  • ご飯 …適量
  • 醤油 …少々
  • お茶(お好みのものほうじ茶、緑茶、ジャスミン茶など) …適宜

作り方

1 材料を切る
ミズナは4㎝長さに切る。大葉は縦半分に切って千切り、ミョウガは縦半分に切り、斜め薄切りにし、ミズナとともに水に放しておく。
2 じゃこを炒める
フライパンにサラダ油、ショウガ、赤唐辛子を入れて中火で熱し、じゃこをカリッとするまで炒める。
3 盛り付ける
ごはんに水気を切った1、ちぎった豆腐をのせ、2をふりかけ、醤油をかける。お好みでほうじ茶などかける。

Point

  • カリカリになるまでしっかり炒める

    じゃこは中火で炒め、しゅわしゅわと水分が蒸発している状態から、キツネ色になるまでしっかりと炒める。

  • 豆腐は手でちぎってのせる

    味が染みこみやすくなり、見た目にも趣が出るので、豆腐は手で大きめにちぎってご飯にのせる。

  • 「お茶漬けに使うお茶は、ほうじ茶や緑茶、ジャスミン茶など好きなものでどうぞ」とみないさん。お茶が変わると風味も変化するので、色々試して楽しむのもいい。

副菜 memo

さらさらと食べるお茶漬けには、塩気のある副菜が合う

じゃこの塩気はあるものの、全体的に優しい味わいの主菜なので、佃煮などを合わせると味のバランスがよくなる。「例えば、水曜日に使ったセロリの葉を佃煮にしておくなど端野菜でおかずを作っておくと便利です」