今日の晩ごはん

手羽中と里芋の味噌煮 豆板醤風味

調理時間
35分

ピリ辛がやみつきに

鶏肉と里芋にしっかり味が染み込んで、ご飯がどんどん進む。豆板醤が利いたピリ辛の味はやみつきになる美味しさ。

材料 ( 3〜4人分 )

  • 手羽中(先) …400g
<A>
  • おろしニンニク …1/2片分
  • おろしショウガ …小指大くらい分
  • みりん …大さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • 里芋 …1袋(400~500g)
  • 長ネギ …1本
  • 豆板醤 …小さじ1/2~1
  • 酒 …60cc
  • 味噌 …大さじ2と1/2
  • 水 …150cc
  • サラダ油 …適量

作り方

1 下準備
手羽中はAをまぶして15~30分程置く。(漬け込んでいる間に他の作業を進める)
2 下ごしらえ
里芋は皮を剥いて食べやすい大きさに切る。長ネギは2cm幅くらいに切る。
3 鶏肉を焼き付ける
鍋にサラダ油をいれて中火にかけ、手羽中の表面を焼き付ける。全体の色が変わったら豆板醤を加えて全体を混ぜ合わせ、酒を加える。鍋にこびり付いた旨味は酒でふやかしてこそげとる。手羽中を漬け込んだAが残っているようなら、鍋に加える。
4 仕上げる
里芋、長ネギを加え、ざっとひと混ぜしたら、水、味噌大さじ2を加え、全体が馴染むまで煮込む。最後に味を見て、味噌大さじ1/2を加える。

Point

  • 旨味を逃がさず閉じ込める

    手羽中を焼き付ける時に鍋にこびり付いた旨味は、酒でふやかしてこそげとる。旨味は逃がさずいただく。

  • 手羽中は短時間でも漬け込む

    他の作業を進めながら、手羽中は15~30分程漬け込んでおく。事前に漬けておかなくてもOK。

  • 味噌煮はやはり味噌が決め手。毎年味噌を仕込んでいるという塩山さんは、“手前味噌”を使用する。自家製の味噌を加えることで、より“我が家”の味に。

副菜 memo

あっさりした副菜を添える

ホウレン草や小松菜のおひたしや春雨スープ、ナムル(モヤシやホウレン草などを塩とごま油で和えたもの)など、あっさりした副菜がおすすめ。