今日の晩ごはん

鮭の焼き漬け

調理時間
15分(下味をつける時間と漬け地に漬け込む時間をのぞく)

かぼすが爽やかに香り立つ

漬け込んだ焼き鮭は、柑橘の香りと酸味がほど良く利いた上品な味わい。味の染みた長ねぎもまた美味しい。かぼすの他、柚子など季節の柑橘類を使って作ってみよう。

材料 ( 2人分 )

  • 生鮭(またはサーモン)切り身 …2切れ
  • 長ねぎ …20cm
  • かぼす …1/2個
  • 醤油 …大さじ2
  • みりん …大さじ1と1/2
  • 日本酒 …大さじ3
<A>
  • 塩 …ひとつまみ
  • 日本酒 …少々

作り方

1 鮭とねぎを焼く
生鮭は3等分に切り、<A>をまぶして10分ほど置く。出てきた水気はふき取り、グリルでこんがり焼く。長ねぎは食べやすい長さに切り、両面に斜めに切り込みを入れてグリルで焼く。
2 調味液の準備
みりんと日本酒は煮切ってアルコール分を飛ばす(レンジでも可)。かぼすは2枚だけ薄切りにして、残りは果汁を搾りとる。
3 漬け込む
2のみりんと日本酒に、醤油とかぼす果汁、かぼすスライスを加え、焼いた鮭と長ねぎを漬け込む。ラップで落とし蓋をして冷蔵庫で3時間~6時間漬け込む。

Point

  • 塩で下味を付け、旨味をアップする

    鮭は塩をまぶして置くことで生臭さがとれ、身にもほど良く塩気が付いてより美味しく食べられる。身の厚い部分には多めに塩を振る。

  • 鮭は3等分にカットしてから使うと食べる時の分量の調節がしやすく、次の日に少量だけ食べたいというときや、お弁当のおかずにする際にも重宝する。3~4日は冷蔵庫で保存できるため、まとめて作り置きし、少しずつ食べるのもおすすめだ。

副菜 memo

さっぱりとした野菜の小鉢で“和”の献立に

おすすめは、グリルで香ばしく焼いたきのことゆでたホウレン草を合わせ、ポン酢とすりごまで和えた、焼ききのことホウレン草のごま和え。疲れた身体にも優しい、さっぱりとした和の献立になる。