今日の晩ごはん

魚とハーブのターメリック炒め

調理時間
20分

香り抜群 ベトナム北部の名物料理

ターメリックなどで漬けた魚を、多めの油で揚げ焼きにしてから、さっと漬け汁と一緒に炒めるのがコツ。仕上げに酢を加えることで、スッキリとキレのよい味わいに。

材料 ( 2人分 )

  • 白身魚(さわらやタイ、タラなど) …2切れ ※今回はさわらを使用
A
  • ニョクマム(またはナンプラー) …大さじ2
  • レモン汁 …大さじ1
  • ターメリック、砂糖 …各大さじ1/2
  • ニンニク、生姜(ともにみじん切り) …各1片分
  • ディル …1/2パック
  • 万能ねぎ …1/2束
  • 酢 …大さじ1
  • サラダ油 …大さじ4

作り方

1 下味をつける
白身魚の切り身は3~4等分に切り、混ぜ合わせたAに約10分漬ける。

2 食材を切る
ディルは1cm長さに切り、万能ねぎは3cmの長さに切る。
3 揚げ焼きにして炒める
フライパンにサラダ油を熱し、1の魚を焼き色が付くまで揚げる。火が通ったら、残った漬け汁、2、酢を入れてさっと炒めたら出来上がり。

Point

  • 魚に下味をつける

    バットなどにAを混ぜ合わせ、切った魚の切り身を入れて下味をつける。約10分程度置くと、ターメリックの色が魚に移り、味がなじむ。

副菜 memo

麺とからめて食べるのが現地風

ベトナムではブンと呼ばれる、ところてんのように押し出して作る麺にからめて食べるのが定番。エビの発酵調味料やヌクチャムなどベトナムの調味料や、香菜、刻んだピーナッツをかけると美味しい。