今日の晩ごはん

トウモロコシとセロリのスパイシー豆腐

調理時間
15分

麻婆豆腐を夏バージョンに

定番の麻婆豆腐に旬の野菜をたっぷり入れた一品。スパイシーな味わいの中にセロリの清涼感とトウモロコシの甘みが絶妙に調和。甜麺醤を使わず味噌で作れるのも嬉しい。

材料 ( 2人分 )

  • トウモロコシ …1本
  • セロリ …1本
  • ニンニク …1片
  • ごま油 …大さじ3
<A>
  • 味噌 …大さじ1と1/2
  • 砂糖 …小さじ1と1/2
  • 醤油 …小さじ2
  • 水 …150ml
  • 豆板醤 …大さじ1と1/2
  • 豚こま切れ肉 …100g
  • 木綿豆腐 …1丁
(水溶き片栗粉)
  • 水 …大さじ1と1/2
  • 片栗粉 …大さじ1と1/2

作り方

1 下ごしらえをする
トウモロコシは包丁で身を削るようにして粒をはずす。セロリは葉と茎をわけ、葉はざく切りに、茎は斜め薄切りにする。ニンニクはみじん切りにする。Aの調味料を合わせておく。
2 炒める
フライパンにごま油の半量と1のニンニクを入れて火にかけ、香りが出たら豆板醤を加えて炒める。豚肉とトウモロコシを炒め、Aを加える。次に豆腐を手でちぎりながら入れる。
3 仕上げる
最後にセロリの茎を加えてから、水溶き片栗粉でとろみをつける。残りのごま油をさらに加えて強火でしっかり焼く。皿に盛り、仕上げにセロリの葉を散らす。

Point

  • 豆腐は手でちぎりながら入れる

    豆腐は手で大きめにちぎりながら入れて炒めることで味が中まで染み込みやすくなる。

  • 仕上げにごま油を加える

    水溶き片栗粉を入れとろみをつけた後にごま油を加えてさらにしっかり焼く。こうすると、豆腐のふるふる感がアップする。

  • 旬の野菜をたっぷり入れて麻婆豆腐を夏らしくアレンジするのが新田さん流。ボリュームもアップしひと皿で肉と野菜、豆腐がしっかり摂れる。

副菜 memo

らっきょうと大葉の薬味ご飯でさっぱり晩ごはんに

おかずを白いご飯にかけて食べても十分に美味しいが、夏バテには薬味を和えたさっぱりご飯もおすすめだ。細かく刻んだらっきょうと大葉をご飯に和えれば暑さがすーっと引くような清涼感が味わえる。