今日の晩ごはん

ゴーヤと牛こまのカレー醤油炒め

調理時間
15分

食べごたえのあるスタミナメニュー

牛こまのどっしりとした旨味にカレー粉と醤油の風味をプラスして、しっかり深みのある味わいに。ゴーヤの歯ごたえも加わって、ボリューム満点。ビールが進む一品です。

材料 ( 2人分 )

  • ゴーヤ …1本
<A>
  • カレー粉 …小さじ1と1/2
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • ケチャップ …大さじ1と1/2
  • 酒 …大さじ1と1/2
  • 牛こま切れ肉 …200g
  • 玉ねぎ …1/2個

作り方

1 下ごしらえをする
ゴーヤは縦半分に切り、わたを取って薄切りにする。玉ねぎは2センチのくし切りにする。牛肉をボウルに入れ、半量のAを加えてしっかり揉み込み下味をつける。
2 炒める
フライパンに油を熱し、玉ねぎを炒め、1の牛肉も加えさらに炒める。最後にゴーヤを入れ、残りのAを加えさっと炒める。

Point

  • 牛こま肉に下味をつける

    牛肉に調味料をしっかり揉み込み下味をつけておくことで、味がなじみ、炒める時間も短縮できる。

  • ゴーヤは最後に加えて食感を残す

    ゴーヤは最後に加えてさっと炒め、シャキッとした歯ごたえを残す。

  • カレー粉と醤油のコンビで牛こまを炒めるのが新田さん流。牛肉の旨味を生かすしっかり味は、ご飯にはもちろんビールにもぴったりの味わいに。

副菜 memo

温野菜サラダがおすすめ

牛肉がメインのしっかり濃いめの炒め物には、やはりサラダが欲しくなる。新田さんのおすすめはシンプルな温野菜サラダ。ニンジンやパプリカ、アスパラなどをゆでてゴマだれを少量かけるだけでも美味しい。