今日の晩ごはん

ハンバーグ

調理時間
25分

常備菜を加えて食感&栄養アップ

瀬戸口家のハンバーグは具だくさん! 常備菜としてストックしているおかずをタネに加えることで、食感が楽しめる栄養満点のハンバーグに。

材料 ( 2人分 )

  • 合挽き肉 …200~220g
  • 玉ねぎ …小1/2個
  • ゴボウのきんぴら …80g
  • 卵黄 …1個分
  • 砂糖 …小さじ1/4
  • 塩 …小さじ1/4
  • こしょう …少々
  • なたね油 …大さじ1/2
  • ジャガイモ …小6個
  • クレソン …適量
[ソース]
  • トマト …1個
  • ニンニク …1/2片
  • 塩 …少々
  • ナンプラー …大さじ1
  • 黒こしょう …少々
  • なたね油 …小さじ1
[ゴボウのきんぴら]
  • ごぼう …1本(200~250g)
  • 醤油 …大さじ1
  • 砂糖 …小さじ2
  • 塩 …少々
  • なたね油 …大さじ1/2

作り方

1 ゴボウのきんぴらを作る
ごぼうはささがきにして水にさっとさらしてザルにあげ、よく水気を切る。
2 炒める
鍋を中火にかけサラダ油をひきごぼうを炒め、全体に油がまわったら砂糖、塩、醤油を加え水分が飛ぶように炒める。
3 玉ねぎを切る
玉ねぎはみじん切りにする。
4 タネを作る
ボウルに1の玉ねぎ、合挽き肉、ゴボウのきんぴら、卵黄、砂糖、塩、こしょうを加え、粘りが出るまで混ぜて、4~6個に丸型に成形する。
5 ソースを作る
焼きトマトソースを作る。にんにくをすり鉢にいれてつぶし、魚焼きグリルでヘタをとったトマトを表面に焦げ目が出来るくらい焼きすり鉢にいれてつぶし、塩、ナムプラー、黒こしょうを加え混ぜ、最後になたね油を加える。
6 タネを焼く
フライパンを熱しサラダ油をひき、中火で2の成形したハンバーグを両面焼き色がつくまで焼き、水80ml弱を加え蓋をして強火で蒸し焼きにする水がほとんどなくなったらお皿に盛り付け、蒸して油で焼いたじゃがいもとクレソンを添え焼きトマトソースをかける。醤油マヨネーズソース(焼きあがって火をとめたフライパンに醤油とマヨネーズを加え混ぜた)もおすすめ。

Point

  • 常備菜の味を
    考慮する

    もともと味の付いた常備菜を具材に使う場合は、肉の下味は付けすぎないように注意しよう。

  • 具にする常備菜は、その日冷蔵庫にあるものでOK。きんぴらの他、ピーマンや豆腐、枝豆などもおすすめ。もともと味が常備菜なら、肉の下味は少し加減して。

副菜 memo

酢と塩で味付けしたポテトマカロニサラダ

ハンバーグの付け合せの定番ジャガイモを、瀬戸口家では、副菜としてポテトマカロニサラダに。マヨネーズを少なくして酢、塩で味をととのえれば、肉の脂っぽさをさっぱりさせてくれる名脇役に。