今日の晩ごはん

手羽先と干ししいたけのバジル煮

調理時間
30分

バジルが香る、夏に食べたい煮込み料理

台湾料理の「三杯鶏」を家庭でも手軽に楽しめるようアレンジした一品。ぷるんとジューシーな干ししいたけを加えると旨味がアップ。バジルはくたっとするまで火を通すのがポイント。

材料 ( 2人分 )

  • 手羽先 …6本
  • 干ししいたけ …4枚
  • バジル …大1パック
  • ニンニク …6片
  • ショウガ …1片
  • 赤唐辛子 …1本
  • ごま油 …大さじ2
  • 水 …1カップ
<A>
  • 醤油 …大さじ2
  • 酒 …1/4カップ
  • 砂糖 …小さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
干ししいたけは、水1カップに砂糖ひとつまみ(分量外)を加え、1時間戻し、石づきを切りおとす。戻し汁はとっておく。ニンニクは、半分に切って芯をとる。ショウガは、皮ごと3mm厚に切る。バジルは、葉を摘み、茎は、長ければ食べやすく切る。手羽先は、皮目から見て裏側の骨に沿って1本切り込みを入れる。
2 具材を炒める
鍋にごま油を中火で熱し、手羽先、ショウガを入れる。途中返しながら、4分焼き、端に寄せて、しいたけ、ニンニク、赤唐辛子を加えて2~3分炒める。
3 煮る
1の戻し汁と<A>を加え、クッキングシートで落し蓋をして、煮汁がほとんどなくなるまで約8分煮る。バジルを加えて、くたっとすれば出来上がり。

Point

  • 手羽先に切り込みを入れる

    手羽先の関節を切り離し、骨と骨の間に一本切り込みを入れる。食べやすくなる上、短時間で味が染み込みやすくなる。

  • 高山さんの地元・大分の名産、干ししいたけを使う。生のものより旨味が強く、戻し汁はダシとしてあますことなく活用できる。戻し汁は鰹や、昆布ダシと比べ、ほのかな甘みがある。

副菜 memo

さっぱりと酸味のあるものを

ニンニクをたっぷりと使いガツンとした味に仕上げた主菜には、さっぱりとした酢の物が好相性。キュウリや、わかめなど、みずみずしくシャキっとした食感のものを合わせるとアクセントに。