今日の晩ごはん

鯛と菜の花のマスタード焼

調理時間
20分

ぱっと作れて美味しさも抜群!

時間がない時にぱっと作れる簡単レシピ。パリッと焼いた皮が香ばしい鯛と、さっと蒸した菜の花のシャキシャキ感がマッチ。菜の花の苦みと粒マスタードの酸味がおつまみにも。

材料 ( 2人分 )

  • 鯛(切り身) …2切れ(約160g)
  • 菜の花 …1束
  • ニンニク …1片
  • 白ワイン …大さじ1
  • 粒マスタード …小さじ1
  • 塩、こしょう …各少々
  • 小麦粉 …適量
  • オリーブ油 …大さじ2

作り方

1 下ごしらえをする
鯛は骨を取って塩少々(分量外)を振り10分ほどおき、出てきた水気をふいたら小麦粉をまぶしてはたく。ニンニクは皮をむいてスライスし、芯を取る。菜の花は茎と花を切り分けて、茎の太いものは縦半分に切る。
2 蒸し焼きにする
フライパンにオリーブ油とニンニクを入れて弱火で加熱し、色付いたら一度取り出す。中火にし、1の鯛を皮目から焼き色が付くまで焼く。菜の花の茎、花の順に加え、油が回ったら白ワインを入れ、すぐに蓋をして1分加熱する。
3 調味する
マスタード、塩、こしょうを加え、全体を混ぜ合わせる。
4 仕上げる
皿に盛り、2のニンニクチップをのせる。

Point

  • 鯛に塩をして臭みを取る

    鯛に塩をふるのは、臭みを取るだけでなく下味をつける役目もある。ぬり込まずにパラパラと振りかける程度でOK。

  • 冷蔵庫に余りがちな粒マスタードを使い、白ワインとともに調味すれば和風なイメージの鯛が洋風に変身。マスタードの程よい酸味と独特の粒々感がたまらない。

副菜 memo

野菜たっぷりのスープを用意

野菜が不足しがちなので、野菜がたっぷり摂れる具だくさんのスープを合わせたい。シンプルなコンソメ系のものから、やや甘みのあるトマトベースのものまで何でも合う。