今日の晩ごはん

和風麻婆豆腐

調理時間
25分

ご飯ともビールとも相性抜群!

日本古来の麹調味料を使って、和風に仕上げた麻婆豆腐。一見難しそうに見えるけれど、下ごしらえを済ませれば、あとは簡単。中華鍋で一気に仕上げよう。

材料 ( 4人分 )

  • 豚挽肉 …150g
  • 絹豆腐 …1丁
  • ニンニク、ショウガ …各1片
  • 小ねぎ …1束
<A>
  • みりん(または、濃縮甘酒) …大さじ2
  • 味噌、オイスターソース …各大さじ1
  • 豆板醤 …小さじ1~(お好みで)
<B>
  • 片栗粉、水 …各大さじ2
  • 水(または、ダシ) …250cc
  • サラダ油、ごま油、粉山椒 …各適量

作り方

1 下ごしらえをする
絹豆腐は水切りをしてさいの目に切る。ニンニク、ショウガは粗みじん切り、小ねぎは3cm長さに切る。<A>、<B>は、それぞれよく混ぜておく。
2 豚肉を炒める
中華鍋を強火にかけ、煙が出てきたらサラダ油をひく。豚挽肉を入れ、透き通った脂が出るまで炒める。
3 香味野菜、調味料を炒める
1のニンニク、ショウガを加えて炒め、香りが出たら<A>、小ねぎを入れて炒め合わせる。
4 豆腐を煮て、仕上げる
1の絹豆腐、水を入れ、沸騰したら<B>を2回に分けて加え、とろみを出す。ごま油を回しかけて器に盛り、粉山椒をかける。

Point

  • 豚挽肉はじっくり炒める

    豚挽肉の脂は、旨味のもと。味の決め手になるので、透明な脂が出てくるまでじっくり炒めて旨味を引き出そう。

  • 和風の麻婆豆腐を中華風に仕上げたい時は、豆鼓や花椒をプラスしてひと工夫。ニンニクとショウガを炒める時に刻んだ豆鼓を加えて一緒に炒め、仕上げには粉山椒の代わりに花椒を。一気に本格中華の味わいに!

副菜 memo

塩味のある副菜

濃い味の麻婆豆腐にマッチするのは、塩味のシンプルな副菜。刺身用のイカと薄切りのセロリを、塩麹とごま油で和えた一品は、麻婆豆腐の味を引き立ててくれる。塩麹がなじむまで、冷蔵庫でしっかり冷やして。