今日の晩ごはん

フライパンパエリア

調理時間
40分

フライパン一つでできるスペインの代表料理

食卓を華やかにしてくれるまさに主役級の一品。魚介や、肉の旨味を吸ったサフランライスは絶品。

材料 ( 4人分 )

  • 米 …2合
  • エビ(殻つき) …8尾
  • 鶏もも肉 …1枚
  • ニンニク(みじん切り) …1片分
  • 玉ねぎ(みじん切り) …1/2個
  • 赤パプリカ …1/2個
  • アサリ …200g
  • サフラン …2g
  • 塩、こしょう …適量
  • アスパラガス(塩ゆでしたもの) …8本
  • オリーブ油 …大さじ4

作り方

1 下ごしらえ
アサリは海水程度の塩分濃度にした塩水(分量外)に入れて砂出ししておく。ボウルにサフラン、水1と3/4カップを入れて10分ほどおく。エビは背ワタを取る。鶏肉は2cm角に切り、塩、こしょうをする。パプリカは細切りにする。
2 エビと鶏肉を焼く
フライパンに油大さじ3とニンニクを入れて弱火で炒める。中火にして1のエビを両面をこんがりと焼いて取り出す。
3 米を炒める
2のフライパンに油大さじ1を足して鶏肉を炒め、玉ねぎを加える。しんなりとしてきたら米を入れてさらに炒め、塩、こしょうを振る。
4 米を炊く
3に1のサフラン水を入れ、エビ、アサリ、パプリカを彩りよく並べて塩、こしょうをする。蓋をして中火にかけ、沸騰したら弱火にして14~15分炊く。火を止めて10分蒸らし、まだ水分が残っている場合は蓋をとり再度火にかけて水分を飛ばす。仕上げに斜め切りにしたアスパラガスをのせる。

Point

  • しっかりと色が出てくるまで待つ

    サフランの色素がしっかりと水に溶け出すまで待つのが大切。赤みの強い黄色になる。

  • 魚介類、肉、野菜をふんだんに使って具だくさんに。具が多いとそれぞれ旨味が合わさって味に深みが出るだけでなく、見た目も華やか。赤パプリカは見た目のアクセントになるので、忘れずに。

副菜 memo

旬の野菜を使ったサラダを

さまざまな具材が入ったパエリアはそれ一つでも食べごたえがあるから、副菜は安価で美味しい旬の野菜を使ったサラダがあれば大満足。今なら湯むきしたトマトとバジルのサラダなど夏野菜を使ったものを合わせたい。