今日の晩ごはん

ゆでサバ

調理時間
15分

サバの皮目のつるんとしたところが美味

絶妙の火加減で、サバの身がしっとりと仕上がる。特に、皮目のつるんとした食感は特筆もので、青い柑橘との相性も群。新鮮なサバが手に入ったらぜひ作りたい。

材料 ( 4人分 )

  • サバ …1尾
  • 香味野菜(セロリの葉、ローリエ、ニンニク、ねぎ、玉ねぎ、パセリなど) …適宜
  • ワインビネガー …大さじ4
  • 黒粒こしょう …小さじ1
  • 青い柑橘(すだち、かぼす、へべすなど) …適量
  • 青唐辛子の酢漬け …適量
  • 粗塩 …適量
  • EXオリーブ油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
サバは頭と腸を除き、2枚おろしにする。流水で洗って水気をふく。4枚に切り分け、皮に十字の切れ込みを入れ、粗塩を全体にまぶして30分ほどおく。
2 サバをゆでる
平鍋またはフライパンに深さ3cmほど水を入れ、香味野菜、こしょうを入れて煮立てる。ワインビネガーを入れたらサバを入れ、すぐに弱火にする。サバの表面が出ているようなら、ゆで汁を表面にかけながら10分ゆでる。
3 仕上げる
水気を切って器に盛り、青い柑橘を添える。オリーブ油を回しかけ、塩を散らす。

Point

  • サバは弱火で加熱する

    沸騰した鍋にサバを入れたら、すぐに弱火にする。火を通し過ぎると、身がぱさぱさになってしまう。

  • すだち、かぼす、へべすなど、青い柑橘がよく合う。数種類を少しずつ絞って、それぞれ微妙に違った香りと酸味を楽しむ。青唐辛子の酢漬けを添えれば、辛みがアクセントになる。

副菜 memo

パスタやリゾット

秋を感じる、きのこを使ったパスタがぴったり。どんな味付けでもいいが、塩味でシンプルに仕上げたものはよく合う。同じくきのこを使って、白ワインで香り付けしたリゾットを作ってもいい。