今日の晩ごはん

厚揚げとカボチャの味噌マリネ

調理時間
15分(漬け込む時間は除く)

発酵食品の魅力光る新感覚マリネ

から揚げや刺身に合わせても美味しい甘酒×味噌の組み合わせ。作ったその日の味と、数日おいた味が変化するのも楽しい。時間が経つほどに味が染みるので、常備菜としても活躍してくれる。

材料 ( 2人分 )

  • 厚揚げ …1枚
  • かぼちゃ(種とワタを取り除く) …250g
  • ししとう …8本
  • 揚げ油 …適量
  • 炒り白ごま …適宜
<マリネ液>
  • 黒豆味噌または麦味噌 …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1/2
  • 甘酒 …大さじ4
  • 酒 …大さじ2
  • ショウガ(すりおろし) …小さじ1と1/2

作り方

1 食材を切る
厚揚げは8等分に切り水気を拭きとる。かぼちゃは厚さ1.5㎝、長さ約7~8cmに大きめに切る。
2 揚げる
揚げ油をフライパンの半分くらいの高さまで入れて約170℃に熱し、1のかぼちゃはゆっくりと少し焦げ目がつくまで、ししとうはさっと約10秒それぞれ揚げて、油をきる。
3 マリネ液に漬ける
マリネ液の材料は全てボウルに入れてホイッパーでよく混ぜる。厚揚げと2の野菜をマリネ液にくぐらせてバットに移し、冷蔵庫で約2時間漬ける。
4 仕上げる
3を器に盛り、炒りごまを手でひねりながらふり、いただく。

Point

  • 厚揚げの水気をふきとる

    水分が残っているとマリネ染み込みにくい。ペーパーでしっかりと拭きとって、味を全体に行き渡らせる。

  • 甘みを出すのに、甘酒を使う。砂糖よりも甘さに奥行きが出て美味しく仕上がる。kinacoさんはマルクラ食品の甘酒を愛用。「米と麹だけで作られている砂糖不使用のもの選んで」

副菜 memo

冷たい主菜には温かいものを合わせよう

冷やすとよりおいしくなる主菜には、温かい副菜を。旬を迎え、価格も手頃のナスの煮びたしを添えて。「旬の食材はどのように調理しても美味しい! 味つけや調理法を替えて毎日食べるようにしています」