今日の晩ごはん

鮭の梅照り焼き おろし添え

調理時間
10分

梅とおろしでさっぱりいただく

“いつもの照り焼き”に梅を加えれば、コクの中にさっぱり感をプラス。ごはんがどんどん進む一品。梅干しパワーで夏を乗り切ろう!

材料 ( 2人分 )

  • 生鮭 …2切れ
  • 薄力粉 …適量
  • 梅干し …2個
  • 油 …適量
  • 大根 …100g
  • かいわれ大根 …1/3パック
[A]
  • 酒 …大さじ1
  • みりん …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえ
鮭は水気をふき、両面に薄力粉を薄くはたいておく。大根は皮をむいてすりおろし、ザルで水気を切って軽くしぼる。かいわれは2㎝長さに切り、大根おろしとまぜておく。
2 梅干しをペースト状にする
梅干しは包丁でたたいてペースト状にし、酒、みりん、醤油を加えて混ぜる。
3 鮭を焼く
フライパンに油を入れて熱し、1の鮭を表が下になるようにして中火で3分ほど焼く。裏返して弱火にし、2分ほど焼く。
4 鮭を煮からめる
余分な油をペーパーでふきとり、2を加えて中火で煮からめる。
5 盛り付ける
器に盛り、1の大根おろしを添える。

Point

  • 鮭はしっかり煮からめる

    鮭はスプーンなどで繰り返しタレをからめながら火を通す。このひと手間で味が染み込みより美味しくなる。

  • ほどよい酸味と旨味を出してくれる梅干しは森崎さんのお気に入り食材。照り焼きのようなコクのある料理でも存在感がありつつ主張しすぎない、優れものです。

副菜 memo

野菜を添えて栄養バランスアップ!

具だくさんの味噌汁や蒸し野菜、青菜の和え物など、野菜を取り入れると栄養バランスもバッチリに。夏は蒸しナスにおろしショウガ、ダシ醤油を加えたものなどもおすすめ。