今日の晩ごはん

香味野菜のハンバーグ

調理時間
40分

ローズマリーやセージに香り豊かな一品に

タネにチーズと香味野菜(ハーブ)を混ぜるだけで、本格的な味に。白ワインとバターでスープで作るソースはハンバーグの美味しさをさらに引き立ててくれる。

材料 ( 2人分 )

<ハンバーグのタネ>
  • 牛挽肉 …300g
  • 玉ねぎ(みじん切り) …1/4個
  • 卵黄 …1個
  • パルミジャーノチーズ(すりおろし) …20g
  • ローズマリー(フレッシュ・みじん切り) …1/2枝
  • セージ(フレッシュ・みじん切り) …5~6枚
  • 塩、こしょう …各小さじ1/2
<ソース>
  • 白ワイン …大さじ2
  • 鶏ガラスープ …大さじ4 ※(顆粒を使う場合は水60ccと顆粒小さじ1)
  • バター …20g
  • ローズマリー …2枝
  • セージ …2枝
  • カリフラワー …1/2株
  • ベビーリーフ …1パック
  • プチトマト …2個
  • レモン汁 …適量
  • 塩 …少々

作り方

1 ハンバーグのタネを作る
ハンバーグのタネの材料をすべて合わせ、粘りが出るまでよく練り、二等分する。両手で交互に打ち付けながら空気を抜き、俵型に形を整え、中央を少し窪ませる。成形したら冷蔵庫で焼く直前まで休ませる。
2 ハンバーグを焼く
ハンバーグを焼く鍋を中火にかけ、オリーブ油適量(分量外)を注ぎ、ハンバーグを並べる。裏面に焼き色が付いたらひっくり返し、ローズマリーの枝、セージの枝を加え、7割程火が入ったら(中心部に竹串を刺し、やや透明な肉汁がでる程度)ハンバーグを一旦取り出す。
3 ソースを作る
鍋を傾け、余分な油をペーパーでこすらないように吸い取り、白ワインを加えて鍋についた肉汁をヘラなどでこそげとる。煮立たせてアルコール分が飛んだら鶏ガラスープを加え、再び煮立ったらバター、ハンバーグを戻し入れる。
4 仕上げる
ソースにとろみがついてくるまでハンバーグに絡めながらさらに煮詰め、塩(分量外)で味を調える。皿にハンバーグを盛り、ソースをかける。※耐熱皿にハンバーグと3のソースを入れて、200℃に熱したオーブンで10分焼くとよりふっくらする。
5 添え物をつくる
レモン汁と塩を入れた湯で好みの硬さにゆでたカリフラワーと、角切りにしたプチトマトとベビーリーフを合えたものを添える。※湯にレモン汁を入れるとよりカリフラワーが白く仕上がる。

Point

  • タネは冷蔵庫で休ませる

    タネは成形した後、冷蔵庫で焼く直前まで休ませておく。そうすると、型崩れしにくくなる。

  • 水1.5リットルに対して鶏手羽300gを入れ、アクを取りながら1時間程度煮込んで作る自家製鶏ガラスープを小さめの容器に入れて凍らせておくと使い勝手抜群(製氷皿でも可)。

副菜 memo

ボリューム満点のハンバーグにはサラダを

香草やチーズを使った贅沢なハンバーグの副菜は、やっぱり野菜が一番。蒸し焼きにした赤カブに牛乳、バター、生クリームを加えて作る赤カブのポタージュを添えても。