今日の晩ごはん

塩麹鶏の唐揚げ

調理時間
30分(鶏肉を漬け込む時間を除く)

特製のタレに漬けてまろやかに

塩麹やはちみつ入りのタレにひと晩漬けてから揚げれば、深いコクのある味わいに。揚げたてはもちろん、冷めても美味しいので、翌日のお弁当のおかずになるのも嬉しい。

材料 ( 作りやすい量 )

  • 鶏もも肉 …約300g
[特製漬けだれ]
  • 塩麹 …大さじ3
  • 酒、みりん …各大さじ1
  • ごま油 …大さじ1
  • にんにく(すりおろす) …1片
  • しょうが(すりおろす) …1片
  • はちみつ …小さじ1/2
  • 片栗粉 …適量
  • サラダ油 …適量

作り方

1 漬けダレを作る
鶏もも肉をひと口大にカットする。漬けダレの材料を混ぜ合わせる。
2 鶏肉を漬け込む
密閉袋などに鶏肉と漬けダレを入れて、ひと晩冷蔵庫で漬け込む。
3 鶏肉に片栗粉をまぶす
バットに片栗粉を入れて、2の鶏肉にまぶす。
4 揚げる
フライパンに深さ2cmほどサラダ油を入れ、170℃に熱する。3の鶏肉を入れ、ときどき返しながら5分ほど揚げ、肉から出る泡が少なくなってきたら、網付きのバットに取って油を切る。

Point

  • 特製漬けダレにひと晩漬け込む

    塩麹をベースにした漬けダレに、肉を漬け込む。冷蔵庫でひと晩置くことで、味が染みこみ、ジューシーに揚げられる。

  • はちみつを漬けだれの隠し味に

    唐揚げの漬けダレには、はちみつを少しだけ加えておく。甘みをプラスすることで、まろやかなコクが生まれる。

  • 揚げもののときは、なるべく油を有効利用。例えば、翌日のメニューを冷やしうどんにするなら、トッピングの揚げ玉は、唐揚げの後に作ってしまえば、翌日も楽。

副菜 memo

和風タルタルソースのサラダ

ミョウガやショウガの香味野菜を加えた、和風タルタルソースがおすすめ。付け合わせの葉もの野菜にかけたり、ポテトサラダにしたり、そのまま唐揚げにかけても美味しい。