今日の晩ごはん

元祖レモン塩のクリームパスタ

調理時間
25分

クリームにレモンの苦みを利かせた大人味

作ったそばから使える「クイックレモン塩」を使って、酸味と苦みが絶妙にからんだクリームスパゲティに。細切りにしたニンジンを加えて、食感にアクセントをつけます。

材料 ( 2人分 )

  • パスタ …160g
<クイックレモン塩>
  • レモン(できれば国産のもの) …1個
  • 塩 …小さじ1
  • ニンジン(細切り) …少々
  • 生クリーム …60ml
  • 鶏ガラスープの素(顆粒) …小さじ1
  • 醤油 …2~3滴
  • 粗塩、こしょう …各少々
  • パセリ …適宜

作り方

1 レモン塩を作る
レモンは皮ごと薄切りにする。ポリ袋に塩を一緒に入れて、よくなじませる。
2 パスタをゆでる
鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩適量(分量外)を入れ、パスタを袋の表示通りにゆでる。途中ニンジンを加えて一緒にゆでる。
3 ソースを作る
2の鍋からゆで汁300mlを別の小鍋に入れ、1を入れて煮立てる。フライパンに生クリームを熱し、煮立てたゆで汁少々と鶏ガラスープの素を加える。とろみが出たら、醤油を加えて味を整える。
4 仕上げる
3と麺を絡めて器に盛り、塩、こしょうを振る。好みでパセリを散らす。

Point

  • ゆで汁に塩レモンを入れる

    ゆで汁に塩レモンを数枚入れて、爽やかな香りと塩気をうつす。生クリームにこのゆで汁を少々加えてソースをつくると、味が引き締まる。

  • 皮ごと切ったレモンを塩で漬けたレモン塩を使用。どんな料理も爽やかで深みのある味わいに仕上がる。※通常は仕込むのに1~2週かかかるので今回はすぐに使える方法を紹介。

副菜 memo

チキンサラダでタンパク質をプラス

カリっと焼いたチキンが主役のサラダを合わせて。副菜選びに困ったら、主菜に足りていない栄養素のもの、また異なる食感のものを組み合わせるとバランスがとれる。今回は鶏肉でタンパク質をチャージ。