今日の晩ごはん

枝豆と豚肉のワンタン

調理時間
35分

枝豆のプチっと食感がクセになる

挽肉と刻んだ豚バラ肉を混ぜ合わせてジューシーに。たっぷり加えたショウガで、フェンネルシードの甘い香りをより引き立てて。

材料 ( 4人分 )

  • 豚挽肉 …150g
  • 豚バラ肉 …200g
  • 枝豆(さや付き) …130g
  • フェンネルシード …小さじ1/2
<A>
  • 酒 …小さじ1
  • オイスターソース …小さじ1
  • ショウガ(みじん切り) …2片分
  • 塩 …2g
  • こしょう …少々
  • ワンタンの皮 …適量
  • 黒酢 …適宜
  • 醤油 …適宜
  • ラー油 …適宜

作り方

1 枝豆をゆでる
枝豆はボウルに入れ、塩約大さじ1(分量外)をふりかけ、こすり合わせるようにして表面の毛をとり水でザッと洗う。鍋に湯を沸かし2~3分ほどゆでてザルに上げ、粗熱が取れたらさやから出しておく。
2 食材を切る
豚バラ肉は細かく切ってから包丁で叩く。フェンネルシードは包丁で粗く刻む。
3 タネを作る
ボウルに豚挽肉と1、2、<A>を入れてしっかりと練り混ぜる。
4 包む
3をワンタンの皮の中央にのせ、ふちに水をつけてしっかりと包む。
5 ワンタンをゆでる
鍋にたっぷりの湯を沸かし、4を約5分ゆでる。ゆであがったら水気をよく切り、器に盛り付け、好みで黒酢、醤油、ラー油などをかけていただく。

Point

  • タネをしっかりと混ぜる

    挽肉と、包丁で叩いた豚バラ肉を2種混ぜ合わせるので、それらに一体感が出るようにしっかりと混ぜる。やや白っぽくなってきて、ねばりが出てきたらOK。

  • 旬の枝豆をタネに混ぜる。プチっとした食感がアクセントになる上、フェンネルシードのやさしくて、甘い香りとも相性抜群。定番料理であるワンタンに旬の雰囲気を出せるのも◎。

副菜 memo

爽やかな副菜を添えて

さっぱりとした副菜を添えると、ワンタンのジューシーさがより際立ち美味しくいただける。セロリと大根を塩とレモン汁でマリネした即席レモンピクルスなど、爽やかな副菜がおすすめ。