今日の晩ごはん

春のアクアパッツア

調理時間
30分

魚の切り身がイタリアンなごちそうに

鯛の切り身に、タケノコやアスパラなどの旬の食材を加えて煮るだけで華やかなごちそうメニューに。鯛やアサリからの旨味が染み出た煮汁は豊かな味わい。

材料 ( 2人分 )

  • 鯛の切り身 …2切れ
  • アサリ …8個
  • 茹でタケノコ …100g
  • グリーンアスパラガス …2本
  • スナップエンドウ …6個
  • ニンニク …1片
  • オリーブ油 …大さじ2
  • 白ワイン …100ml
  • 水 …100ml
  • 塩、こしょう …各適量

作り方

1
鯛は塩小さじ 1/2(分量外)をすりこんで、約10分置く。水でさっと洗い、水けをペーパーで拭き取る。アサリは砂出しをしてしっかりこすり洗いをしておく。タケノコは食べやすい大きさに切り、アスパラガスは根元の固い部分をピーラーでむき、3等分長さに切る。スナップエンドウは筋を取り、ニンニクはつぶして芯を取る。
2 蒸し煮にする
フライパンまたは鍋に1のニンニク、油を入れて熱し、香りが立ってきたら鯛、タケノコ、白ワインを順に加える。煮立ったら水を加えて蓋をし、約5分蒸し煮にする。
3 仕上げる
2にアサリ、アスパラガス、スナップエンドウを加えて蓋をし、アサリの口が開いてきたら塩、こしょうで味を整える。オリーブ油適量(分量外)を回しかけていただく。

Point

  • 白ワインが煮立ってから水を加える

    白ワインと水は一緒に加えずに、まず白ワインを煮立ててから水を足す。魚の生臭さとアルコールの臭いを飛ばせる。

副菜 memo

さっぱりとしたマリネを

鯛とアサリの旨味がたっぷり染み出た煮汁と、酸味をきかせたマリネは相性抜群。ミニトマトのマリネや、夏みかん入りのキャロットラペなどを添えて。

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ