今日の晩ごはん

アジの干物とキュウリのサラダ

調理時間
15分

食べごたえ抜群。食卓のメインになるサラダ

仕上げのピーナッツが、野菜やアジにないポリっとした食感とコク、さらに異国の雰囲気まで与えてくれる。アジの塩気が甘みのあるエスニック風ドレッシングと好相性。

材料 ( 4人分 )

  • アジの干物 …2尾
  • キュウリ …大2本
  • 赤玉ねぎ …1/4個
  • ニンジン …60g(約1/3本)
  • 大葉 …5枚
  • ショウガ …1/2片
<A>
  • 湯、砂糖、レモン汁 …各大さじ1と1/2
  • ナンプラー …大さじ1
  • ニンニク(みじん切り) …1片分
  • 乾燥唐辛子 …1本
  • ピーナッツ、白いりごま …各適量

作り方

1 アジを焼く
フライパンにサラダ油少量(分量外)を強火で熱し、干物を皮目から焼く。皮目に香ばしい焼き色がついたら裏返して弱火にし、中までじっくり火を通し、身を骨からはずして食べやすくほぐす。
2 野菜を切る
キュウリは縦半分に切ってからスプーンで種をこそぎ出し、3mm厚さの斜め薄切りにする。玉ねぎは薄切りにし、キュウリと合わせて5分ほど冷水にさらし、水気をしっかりと切る。ニンジンは千切りにして塩少々(分量外)をまぶし、しんなりしたらざっと洗って水気を絞る。大葉、ショウガは千切りにする。<A>の乾燥唐辛子は種を取って水で軟らかく戻し、みじん切りにしておく。
3 タレを作る
<A>の湯と砂糖を混ぜ溶かして残りの材料を加え、混ぜ合わせる。
4 仕上げる
ボウルに1、2を合わせ、3を加えながらよく和える。器に盛り、粗く刻んだピーナッツとごまを散らす。

Point

  • キュウリの種を取る

    スプーンでくり抜くようにして種を取る。余分な水分が減り、食感が良くなる。

  • アジの干物をサラダの具材として使う。絶妙な塩加減が他の具材と絶妙に絡んで美味しい。野菜もたっぷり食べられる。ごはんのおかずにはもちろん、お酒のおつまみとしても大活躍する。

副菜 memo

タンパク質を補う

主菜が野菜メインなので肉や豆腐など、タンパク質が摂れる副菜を。主食を卵炒飯にして、ボリュームを出すのもおすすめ。サラダがさっぱりとしているので、油気のあるものを合わせても重くならない献立が作れる。