今日の晩ごはん

パッタイ

調理時間
15分(麺のもどし時間は除く)

余り野菜で、パパッと美味しい一品を!

「フォーは乾麺なので常備しておけばとっても便利な食材です」と中山さん。冷蔵庫に野菜があれば作れて、食べ応えもあるので忙しい時などにもおすすめの一品。

材料 ( 1人分 )

  • フォー(米麺) …60g
  • 玉ねぎ(薄切り) …1/4個
  • ニンジン(短冊切り) …1/8本
  • もやし …ひとつかみ
  • ニラ(5cm長さに切る) …2~3本
  • 干しえび(粗く刻む) …
  • (さっと洗い、大さじ2の水に浸して20秒ほどレンジにかけたもの) …大さじ1/2
  • 溶き卵 …1個分
  • 砂糖 …大さじ1
  • ナンプラー …大さじ1
  • 酢 …大さじ1
  • 塩、コショウ …各少々
  • サラダ油 …適量
  • ピーナッツ(粗く刻む)、パクチー(ざく切り) …適量

作り方

1 フォーを戻す
米麺はさっと洗ってバットなどに入れ、ぬるま湯で20分ほど浸したら水気をきり、食べやすい長さに切る。
2 炒り卵を作る
フライパンにたっぷりめの油を強めの中火で熱し、完全に温まったところで、溶き卵をざっと流し入れ、ざっくりかきまわす。ふんわりした頃合いで皿などに取り出す。
3 野菜とフォーを炒める
2のフライパンをきれいにし、油を少々足して干しえびとニンジン、玉ねぎ、もやしを炒める。油がなじんだら、米麺を入れ、調味料と干しえびの戻し汁を加えて炒め合わせる。2の卵とニラを加え、コショウを振る。足りなければ、ナンプラー少々(分量外)もしくは塩で味を調える。
4 器に盛り付ける
器に盛り、ピーナッツとパクチーをのせる。

Point

  • 炒り卵は別で作っておく

    炒り卵は調味せずに、半熟状態で最初に作る。具として調味されない卵があることで、味わいに変化が生まれ、飽きずに食べられる。

  • 冷蔵庫の余り野菜ですぐ作れる!

    野菜は何でもOK。サイズを切り揃えておくと食べやすくなる。使いきりレシピとしても重宝するはず!

  • 中山さんは、パッタイの具材に干しエビやサクラエビなどの乾物を活用することが多いそう。乾物を戻した汁を一緒に加えて炒めることで旨味もアップ。エビを1尾わざわざ買う必要もないので、一石二鳥だ。

副菜 memo

副菜もエスニック風味にして気分を盛り上げる!

エスニックな味付けの主菜に合わせ、副菜もナンプラーを効かせた料理があると食卓も華やぎそう。「厚揚げとトマト、タコの煮込みなどもいいですね。余っても常備菜にできて便利です」