今日の晩ごはん

タケノコとクレソンのソテー

調理時間
15分

春を感じさせてくれる旬のタケノコをメインに

煮物や炊き込みご飯などで脇役として使われることが多いタケノコを主役にしたメニュー。しっかりと焼き色をつけてあげることで、甘みと香ばしさが引き立ちます。卵はつぶしてソースがわりに。

材料 ( 2人分 )

  • タケノコ(水煮) …150g
  • クレソン …1束
  • 卵 …2個
  • 酢 …大さじ3
  • オリーブ油 …大さじ1
  • 塩 …ひとつまみ
  • こしょう …少々
  • 粒マスタード …適宜
  • パルメザンチーズ …適宜

作り方

1 下ごしらえ
タケノコは5mm厚さに切り、塩、こしょうを振る。クレソンは3等分に切る。
2 タケノコを炒める
フライパンに油を熱し、タケノコを焼き色つけながら炒める。
3 ポーチドエッグを作る
鍋に湯を1リットル沸かし、酢を入れる。へらなどで円を描くようにし水流を作る。卵を割り入れる。白身が白くなってきたら、取り出す。
4 仕上げる
<2>にクレソンを加え、さっと炒める。器に盛り付け、上に3のポーチドエッグをのせる。好みでチーズとマスタードを添える。

Point

  • しっかりと水流を作る

    卵の白身を固める働きがある酢を入れた湯を一方向にかき混ぜて水流を作る。そこに卵静かに割り入れる。

  • タケノコにしっかりと焼き色をつけるのが美味しさの秘訣。煮物のイメージが強いタケノコは焼くことで甘みが増す。市販の水煮で作れるので、米のとぎ汁や米ぬかでゆがく必要がないのも嬉しい。

副菜 memo

ほうっておいても美味しくなるものを

炒めるだけの主菜には、副菜も簡単なものを合わせよう。山田さんは、オーブンで焼くだけでできる塩味が効いたローストポークをあわせることが多いそう。