今日の晩ごはん

イワシの酸味ねぎソース添え

調理時間
20分

定番の焼き魚をねぎソースと香菜でよそゆきに

昆布ダシをベースにしたねぎソースは、焼き魚との相性抜群。地味になりがちな焼き魚を見栄えのよいひと品に様変わりさせてくれます。イワシ×香菜はポルトガル料理では定番の組み合わせ。

材料 ( 2人分 )

  • イワシ …2尾
  • 塩 …適量
  • 香菜 …適量
  • レモン …適宜
  • ラー油 …適宜
<ねぎダレ>
<A>
  • 長ねぎ …1本
  • 紫玉ねぎ …1個
  • ショウガ …3片
  • 香菜(根) …1本分
<B>
  • 酢 …200ml
  • 醤油 …100ml
  • 昆布 …4cm

作り方

1 ねぎダレを作る
<A>の材料はすべてみじん切りにし、保存瓶に入れ<B>を足し冷蔵庫で30分以上おく。
2 イワシを焼く
イワシの内臓を取り除いて流水で洗い、水気を拭く。塩をふってグリルで両面火が通るまで焼く。
3 仕上げる
2に1を適量かけ、好みで香菜、レモンをのせ、ラー油をかける。

Point

  • ねぎソースは作りやすい分量で作る

    ねぎソースは材料をすべてみじん切りにして調味液と合わせるだけの簡単ソースなので、多めに作っておく。焼いた豚肉にかけるなど、毎日の万能ダレに。冷蔵庫で約1週間保存可能。

  • 香菜に加え、お好みでラー油をかける。さらにエスニック風に。普段の焼き魚がよそゆきのメニューに変身。サンマなどでも試してみて。

副菜 memo

卵スープで中華風献立に

香菜や酸味を利かせたねぎソースを添えた主菜には、鶏ガラスープをベースにした中華風スープが合う。溶き卵を加えてふんわりとさせボリュームを出しても。さらにあまった香菜をちらして風味よく。