今日の晩ごはん

かみなり豆腐丼

調理時間
10分(豆腐の水けをきる時間は除く)

香ばしいごま油の香りが食欲を刺激!

名前の由来は、豆腐を炒めるときにバリバリとかみなりのような音がすることから。仕上げの天かすでコクと、サクサク食感をプラスします。

材料 ( 2人分 )

  • 木綿豆腐 …1丁
  • 天かす …大さじ4
  • ショウガ(みじん切り) …少々
  • ごま油 …大さじ1
  • めんつゆ(3倍濃縮タイプ) …大さじ3
  • 鰹節 …適量
  • 万能ねぎ(小口切り) …1本
  • 温かいご飯 …2杯分
  • ミョウガの甘酢漬け …1個

作り方

1 下ごしらえをする
豆腐は重石をのせて約30分置き、水けをきる。
2 炒める
フライパンにごま油を熱し、ショウガをさっと炒める。香りが立ってきたら1を手でくずしながら加える。天かすの半量、めんつゆを加えて混ぜる。
3 仕上げる
茶碗にご飯を盛って2をのせ、残りの天かすを振る。その上に鰹節をのせ、万能ねぎを散らす。ミョウガの甘酢漬けを縦半分に切って添え、好みで七味唐辛子(分量外)を振る。
4 ミョウガの甘酢漬けの作り方
ミョウガ2本は半分に切る。水大さじ6、ワインビネガー大さじ3、グラニュー糖大さじ1、塩小さじ1/5を鍋に入れて沸いたら、ミョウガを入れて30分程漬けこむ。

Point

  • 豆腐はしっかり水けをきる

    網の上に豆腐をのせて重石をし、そのまま約30分置いてしっかりと水けをきる。水分を減らすことで、べちゃっとしないうえ味が染み込みやすい。

副菜 memo

具だくさんの味噌汁を

丼ものには、汁ものを合わせるのが定番。トマトやオクラ、カボチャなど夏野菜の味噌汁なら季節感も出せて◎。豚肉を加えてボリュームを出しても。

サラサラ床で暮らしをもっと気持ち良く 床拭きロボット『Braava(ブラーバ)』を体験! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ