今日の晩ごはん

ミニトマト&たらこソースのパスタ

調理時間
10 分( )

トマトの甘みとたらこの塩気が絶妙! 

いいとこどりパスタ 甘みが凝縮されたミニトマトは、パスタソースに最適。そこにたらこを加えると、塩分が絶妙にマッチ! 楽しい食感とコクが増して何とも味わい深いパスタの誕生です!

材料 ( 2人分 )

  • ミニトマト …15~18個(200g)
  • オリーブ油 …大さじ1
  • たらこ …60~80g(1腹分)
  • パスタ …140g
  • シソ …5~6枚
  • 刻みのり …適量

作り方

1 パスタを茹でる
鍋にたっぷりの湯を沸かし、パスタを表示時間通りに茹でる
2 下ごしらえをする
ミニトマトはヘタを取り4つ割に切る。たらこは薄皮を剥いてほぐしておく。
3 ソースをつくる
フライパンにオリーブオイルを温め、ミニトマトをほぐしながら炒める。軽くソース状になったら、たらこを合わせる。
4 仕上げる
茹でたパスタをフライパンに入れ、ソースに絡める。
5 盛りつける
皿にパスタを盛りつけ、ちぎったシソと刻みのりを散らして完成。

Point

  • ミニトマトはつぶしながら煮詰める

    ミニトマトをソースにする際は、4分割に切ると崩れやすくなり、皮が残りにくい。ヘラを使ってつぶしながら煮詰めれば、あっという間にソースに。

  • たらこは薄皮を取る

    包丁の先を使い、たらこの中心に縦方向に切り込みを入れる。左右に開いてから包丁の背を使って身を出す。コツは力を入れすぎないこと。

  • 「ミニトマトは甘みが強く味がしっかりしているので、ソースによく使います」と成沢さん。写真はアイコという品種。

副菜 memo

さっぱりカブの塩昆布レモンサラダと一緒に

味わい深さが特徴のパスタには、お漬け物感覚のさっぱりした副菜を。カブとレモンを皮ごと薄切りにし、塩昆布と合えたサラダは、爽やかな酸味がパスタソースの旨味を引き立てる。