今日の晩ごはん

鶏肉のレモン煮

調理時間
30分

こってり味にレモンがアクセント

唐揚げをこってり味のタレで煮絡めて、最後にスライスレモンを加えれば、ご飯によく合う、お腹も心も大満足の一皿が完成します。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚
  • 塩、こしょう …少々
  • 片栗粉 …適量
<A>
  • 水 …50cc
  • 醤油 …50cc
  • みりん …大さじ2
  • 砂糖 …大さじ1
  • レモン汁 …1/2個分
  • レモン(スライス) …1/4個分

作り方

1 下味を付ける
鶏肉を唐揚げのイメージで食べやすい大きさに切り、塩、こしょうで下味を付けた鶏肉に片栗粉をはたく。
2 タレを作る
鍋にAを入れ、火にかけて砂糖を溶かす。
3 鶏肉を揚げる
揚げ鍋に油適量(分量外)を入れて火にかけ、冷蔵庫に入れていた場合は、常温に戻して1を揚げる。少し色づいてきたら火を強めてカラリと揚げる。この後の工程で更に少し火を入れるので揚げすぎないように注意する。油の温度は大体170℃ぐらい。
4 煮絡める
2の鍋にレモン汁と3の鶏肉を加え、火をつけ全体にタレが絡むように煮絡める。全体にタレが絡んだらスライスレモンを加えて全体を混ぜたら火を止め、器に盛る。

Point

  • 鶏肉は少し大きめにカット

    揚げたり、煮絡めると少し縮んでしまうので、鶏肉は少し大きめに切って食べ応えが出るようにする。

  • 油で揚げすぎない

    タレで煮絡めるので、鶏肉は揚げすぎないのがポイント。中心まで熱くなり火が通ったぐらいが目安。

  • そのまま食べても十分美味しい唐揚げを、さらにタレで味付けてコク深く仕上げるのが、大塩さん流。このひと手間を加えるだけで、定番メニューがまた違った逸品に大変身する。

副菜 memo

旬の新玉ねぎのコールスローを添えて

唐揚げに味がしっかり付いているので、副菜はコールスローなどが◎。今は、新玉ねぎ、レモン、太白ごま油、米油、塩、こしょうで作ったオリジナルドレッシングで塩揉みしたキャベツの千切りを和えたものがおすすめ。